編入学アドミッションポリシー

人間文化学部英語英文学科<二年次・三年次>

【学ぶ内容および特色】

英語英文学科は、英語コミュニケーション力を基盤に、英語圏文化の知識、英語教育の知識と資格、その他ホスピタリティと人間性を備え、異文化の環境でも力を発揮できる柔軟で心豊かな国際人を輩出することを目的に教育を行っています。具体的には次のような学生を受け入れます。

【入学者に求める能力】
  1. 自分を育てる力
    • 〔期待する能力〕英語という言語に関心があり、同時に英語圏の文化、歴史、社会、コミュニケーションに幅広く関心を持っている。
    • 〔選考方法〕面接、自己記入書、書類
  2. 知識・理解力
    • 〔期待する能力〕英語圏の文化や文学に関心があり、高校卒業程度の教科書記載内容の知識を持っている。
    • 〔選考方法〕書類、自己記入書、学力試験、所定課題
  3. 言語力
    • 〔期待する能力〕高校卒業程度の英語力を持ち、読む、書く、話す、聞く、の英語における4分野の向上に努めることができる。
    • 〔選考方法〕面接、書類、学力試験、資格
  4. 思考・解決力
    • 〔期待する能力〕英語という言語・英語圏の文化・社会に関するさまざまな課題について関心があり、それらを解決・探究するための情報収集力を一定レベル習得している。
    • 〔選考方法〕面接、自己記入書、書類、学力試験
  5. 共生・協働する力
    • 〔期待する能力〕母語のみならず英語で他者とコミュニケーションをとり、協力・協働するよう努めることができる。
    • 〔選考方法〕面接、自己記入書、書類
  6. 創造・発信力
    • 〔期待する能力〕英語という言語、英語圏の文化、歴史、社会、コミュニケーション、教育に関して自分の意見を持ち、何らかの媒体を用いて、社会に発信することに関心がある。
    • 〔選考方法〕面接、自己記入書、書類
【三年次編入学対象者に求める学習経験】

三年次から編入するにあたっては、短期大学などで培った英語における4技能(読む、書く、話す、聞く)の基礎的学力と専門的な知識や課題解決力がその基盤となります。編入までの学習をしっかり行い、主体的に基礎学力を高めるよう努力してください。
編入学前の海外活動(留学、社会人経験)は推奨されます。実際に海外活動を行わない場合でも、様々なメディアを活用して活きた英語や英語圏文化に触れ、世界への見聞を広めることを期待します。

【二年次編入学対象者に求める学習経験】

二年次から編入するにあたっては、英語における4技能(読む、書く、話す、聞く)と課題解決力がその基盤となります。主体的に基礎学力を高めるよう努力してください。
編入学前の海外活動(留学、社会人経験)は推奨されます。実際に海外活動を行わない場合でも、様々なメディアを活用して活きた英語や英語圏文化に触れ、世界への見聞を広めることを期待します。

【編入までに培った能力に対する選考方法】
考査方法 書類審査・面接審査
能力 成績 目的意識 学科理解度 自己表現 資格 将来性
三年次推薦編入 -
三年次一般編入 -
二年次推薦編入 -
二年次一般編入 -

(◎=大きい比重、〇=小さい比重)

人間文化学部人間文化学科<二年次・三年次編入学>

【学ぶ内容および特色】

人間文化学科では、「言語運用能力と情報活用能力」「日本文化と外国文化への理解」「他者への深い共感力に根差したコミュニケーション能力」を持つ創造性豊かな女性を育成することを目指しています。具体的には、次のような学生を受け入れます。

【入学者に求める能力】
  1. 自分を育てる力
    • 〔期待する能力〕世界の諸国や日本の文化・言語について学ぶ意欲があり、他者とのコミュニケーションや社会との関わりの中で、自己の人格を高めることに興味・関心があり、努力しようとしている。
    • 〔選考方法〕面接、自己記入書、書類、記述
  2. 知識・理解力
    • 〔期待する能力〕世界の諸国や日本、およびその文化や言語について関心を持ち、大学初等教育ないし教養課程修了程度の知識を持っている。
    • 〔選考方法〕書類、自己記入書、資格、筆記試験、記述、面接
  3. 言語力
    • 〔期待する能力〕大学初等教育ないし教養課程修了程度の国語力を持ち、書き言葉、話し言葉の両面でコミュニケーション力に磨きをかけることに関心を持っている。
    • 〔選考方法〕書類、自己記入書、資格、筆記試験、記述、面接
  4. 思考・解決力
    • 〔期待する能力〕世界の諸国や日本の文化・言語に関するさまざまな課題について関心があり、それらを解決・探求するための文献調査や情報検索の方法について、ある程度習得している。
    • 〔選考方法〕書類、自己記入書、資格、筆記試験、記述、面接
  5. 共生・協働する力
    • 〔期待する能力〕他者とのコミュニケーション力があり、他者と協力・協働して、社会への貢献を行うことができる。
    • 〔選考方法〕書類、自己記入書、記述、面接
  6. 創造・発信力
    • 〔期待する能力〕世界の諸国や日本の文化・言語に関連して、ユニークな発想による企画や研究・制作を行い、出版や情報に関する技術を用いて、社会に発信することができる、もしくは発信することに関心がある。
    • 〔選考方法〕書類、資格、筆記試験、記述、面接
【三年次編入学対象者に求める学習経験】

三年次から編入するにあたっては、学科の内容に関して大学初等教育課程修了程度の専門知識や文章表現力といった基盤となる力が必要です。人間文化学科に関係する諸領域の書物を多く読み、入学前に所属する教育機関の設置科目で本学科の科目に関連するものを履修しておいてください。また、主体的に学習し、課題解決力を高めるよう努力してください。漢字検定2級、日本語検定3級など、国語に関する資格取得への取り組みも期待します。その他にも、各自が関心を持っている領域について学習し、英検などの外国語検定、京都・観光文化検定などの各種検定にも挑戦してください。

【二年次編入学対象者に求める学習経験】

高等学校卒業程度の外国語、国語、公民、地理歴史、情報、芸術の知識を基礎として、大学生として求められる知識、思考力、探求力を磨くため、人間文化学科に関係する諸領域の書物を多く読み、入学前に所属する教育機関の設置科目で本学の基本的科目に相当するものについて確実に修得しておくことが望ましいです。また、主体的に学習し、基礎学力を高めるよう努力してください。漢字検定2級、日本語検定3級など、国語に関する資格取得への取り組みも期待します。その他にも、各自が関心を持っている領域について学習し、英検などの外国語検定、京都・観光文化検定などの各種検定にも挑戦してください。

【編入までに培った能力に対する選考方法】
考査方法 書類審査・面接審査
能力 成績 目的意識 学科理解度 自己表現 資格 将来性
三年次推薦編入
三年次一般編入
二年次推薦編入
二年次一般編入

(◎=大きい比重、〇=小さい比重)

生活福祉文化学部生活福祉文化学科<三年次編入学> 

【学ぶ内容および特色】

生活福祉文化学科では、揺れ動く社会のもとでより良い生活創造や生活支援の場面で活躍する人材を養成することを目標としています。具体的には、次のような学生を受け入れます。

【入学者に求める能力】
  1. 自分を育てる力
    • 〔期待する能力〕社会に貢献できるよう自分を高めたいと考え、自分の生活や人生を主体的に築いていく意欲をもっている。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  2. 知識・理解力
    • 〔期待する能力〕入学後の就学に必要な基礎学力としての知識や理解力を有するとともに、家族や個人の暮らしに必要な衣食住、福祉、保育について、自ら積極的に学び知識を身につけたいと考えている。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  3. 言語力
    • 〔期待する能力〕学んだ知識や技術を用いて、積極的に他者とかかわるということに関心がある。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  4. 思考・解決力
    • 〔期待する能力〕生活や福祉や保育に関心を持ち、身につけた知識や技能を、生活をより良くするために役立てる力を身につけたいと思っている。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  5. 共生・協働する力
    • 〔期待する能力〕周りと協力しながら、相手の立場に立って物事を考えようと努力し、行動したいと考えている。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  6. 創造・発信力
    • 〔期待する能力〕より良い生活の創造に関わり、自分の考えを発信したいと考えている。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
【三年次編入学対象者に求める学習経験】

生活福祉文化学部での学びの基盤となるものは、人間の生活に関する、多様な領域での専門的な知識です。三年次から編入するにあたっては、短期大学等での学習をしっかり行い、多くの基礎理論を習得するよう努力してください。ボランティアなどを含む課外活動は、人間や生活に関する問題・課題への興味・関心を高め、個性豊かな人間性の基礎となり、実践的な活動経験は本学部での学びに大いに役立ちます。なるべく、実践的な活動やボランティア活動を体験するように努力してください。

【編入までに培った能力に対する選考方法】
考査方法 書類審査・面接審査
能力 成績 目的意識 学科理解度 自己表現 資格 将来性
三年次推薦編入 -
三年次一般編入 -

(◎=大きい比重、〇=小さい比重)

心理学部心理学科<三年次編入学>

【学ぶ内容および特色】

心理学部においては、実験、観察、調査などの実践的内容を含む授業をとおし、「人間行動を客観的に深く分析できる人材の養成」と「家庭・学校・社会で人のこころを理解し、接遇と援助ができる人材の養成」を目指しています。具体的には、次のような学生を受け入れます。

【入学者に求める能力】
  1. 自分を育てる力
    • 〔期待する能力〕現代社会に生きる人々が抱える心理的諸問題を解決し、社会に寄与したいと考える人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  2. 知識・理解力
    • 〔期待する能力〕心理学の知識や技能を習得し、現代社会の要請に応じた実践的問題解決能力を身につけたい人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、筆記試験、書類
  3. 言語力
    • 〔期待する能力〕人のこころを理解し、人との関わりや対話力の重要性を考え、心理学に幅広く関心を持っている人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  4. 思考・解決力
    • 〔期待する能力〕心理学への学習意欲や問題探求心に優れ、様々な問題や事象について論理的に考え、解決策を追求することに熱意がある人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、筆記試験、書類
  5. 共生・協働する力
    • 〔期待する能力〕人間の思考や行動、人間関係や社会構造に興味を持ち、心理学の見地から深く探究したい人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  6. 創造・発信力
    • 〔期待する能力〕認定心理士、社会調査士など心理学関係の資格や教員免許(幼稚園及び小学校第一種)を取得し、将来その資格を活かした職業に就きたい人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
【三年次編入学対象者に求める学習経験】

人のこころをより深く理解し、それを活用して問題解決や対人援助に結びつけていくためには、論理的思考力や文章読解・作文能力、対人コミュニケーション力といった基礎的な学力と共に、短期大学などで培った専門的な知識や経験がその基盤となります。ここでいう専門的な知識とは、心理学(行動科学)・教育学・社会学といった人文・社会科学系の学問的知識を中心としますが、三年次から編入するにあたっては、これらの領域のみならず、近接領域でのこころの理解に関する専門的知識もその基盤となり得るものです。これらの基盤に基づき、課題を自分なりに工夫して解決したり、問題意識を持って主体的・積極的に学習していく姿勢が望まれます。
また、編入学前の学生生活や社会人生活において、家庭・地域・産業社会において自発的な実践活動を様々に経験しておくことを要望します。

【編入までに培った能力に対する選考方法】
考査方法 書類審査・面接審査・筆記審査
能力 成績 目的意識 学科理解度 自己表現 資格 将来性
三年次推薦編入 -
三年次一般編入 -

(◎=大きい比重、〇=小さい比重)

現代人間学部 福祉生活デザイン学科<二年次編入学>

【学ぶ内容および特色】

福祉生活デザイン学科では、揺れ動く社会のもとでより良い生活創造や生活支援の場面で活躍する人材を養成することを目標としています。具体的には、次のような学生を受け入れます。

【入学者に求める能力】
  1. 自分を育てる力
    • 〔期待する能力〕社会に貢献できるよう自分を高めたいと考え、自分の生活や人生を主体的に築いていく意欲をもっている。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  2. 知識・理解力
    • 〔期待する能力〕入学後の就学に必要な基礎学力としての知識や理解力を有するとともに、家族や個人の暮らしに必要な衣食住、福祉について、自ら積極的に学び知識を身につけたいと考えている。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  3. 言語力
    • 〔期待する能力〕学んだ知識や技術を用いて、積極的に他者とかかわるということに関心がある。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  4. 思考・解決力
    • 〔期待する能力〕生活や福祉に関心を持ち、身につけた知識や技能を、生活をより良くするために役立てる力を身につけたいと思っている。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  5. 共生・協働する力
    • 〔期待する能力〕周りと協力しながら、相手の立場に立って物事を考えようと努力し、行動したいと考えている。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  6. 創造・発信力
    • 〔期待する能力〕より良い生活の創造に関わり、自分の考えを発信したいと考えている。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
【二年次編入学対象者に求める学習経験】

現代人間学部福祉生活デザイン学科での学びをより豊かなものとするために、二年次から編入するにあたっては、編入までの学習をしっかり行い多くの基礎理論を習得するよう努力してください。ボランティアなどを含む課外活動は、人間や生活に関する問題・課題への興味・関心を高め、個性豊かな人間性の基礎となり、こうした実践的な活動経験は本学部での学びに大いに役立ちます。なるべく実践的な活動やボランティア活動を体験するように努力してください。

【編入までに培った能力に対する選考方法】
考査方法 書類審査・面接審査
能力 成績 目的意識 学科理解度 自己表現 資格 将来性
二年次推薦編入 -
二年次一般編入 -

(◎=大きい比重、〇=小さい比重)

現代人間学部 心理学科<二年次編入学>

【学ぶ内容および特色】

心理学科においては、「人間行動を客観的に深く分析できる人材の養成」と「家庭や社会のすべての場で心を理解し、人と関わるための対応ができる人材の養成」を目指しています。具体的には、次のような学生を受け入れます。

【入学者に求める能力】
  1. 自分を育てる力
    • 〔期待する能力〕豊かな人間性、および、自己成長への意欲と他者の理解や奉仕の精神を備えている人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  2. 知識・理解力
    • 〔期待する能力〕心理学およびその関連領域について知識や技能を習得し、科学的分析と深い人間理解に基づいて、現代社会の要請に応じた実践的問題解決能力や産業界で活躍できる力を身につけたい人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、筆記試験、書類
  3. 言語力
    • 〔期待する能力〕さまざまな文化背景をもつ人々や社会に対して、純粋な関心と偏見なく理解する姿勢を持ち、母語や外国語によるコミュニケーションを通じた心の理解への意欲を持っている人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  4. 思考・解決力
    • 〔期待する能力〕人間の思考や行動、人間関係や社会構造に興味を持ち、心理学への学習意欲や問題探求心に優れ、様々な問題や事象について論理的に考え、解決策を追求することに熱意がある人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、筆記試験、書類
  5. 共生・協働する力
    • 〔期待する能力〕人の個別性を理解・尊重し、ともに成長しともに生活する姿勢を備え、現代社会に生きる人々が抱える心理的諸問題の解決と支援に貢献したいと考える人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  6. 創造・発信力
    • 〔期待する能力〕心理学の学びを通して、現代社会における諸問題について、新たな発想での気づきや提案をしていく意欲のある人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
【二年次編入学対象者に求める学習経験】

人のこころをより深く理解し、それを活用して問題解決や対人援助に結びつけていくためには、論理的思考力や文章読解・作文能力、対人コミュニケーション力といった基礎的な学力と共に、専門的な知識や経験が必要です。二年次から編入するにあたっては、現代社会におけるこころのさまざまな問題について、積極的な関心と探求心を持っていることが基盤となります。
また、課題を自分なりに工夫して解決したり、問題意識を持って主体的・積極的に学習していく姿勢が望まれます。
編入学前の学生生活や社会人生活において、家庭・地域・産業社会において自発的な実践活動を様々に経験しておくことを要望します。

【編入までに培った能力に対する選考方法】
考査方法 書類審査・面接審査・筆記審査
能力 成績 目的意識 学科理解度 自己表現 資格 将来性
二年次推薦編入 -
二年次一般編入 -

(◎=大きい比重、〇=小さい比重)

現代人間学部こども教育学科<二年次編入学>

【学ぶ内容および特色】

こども教育学科では、保育・教育の分野でこどもに寄り添い、かつ、先進的な保育・教育のできる人材を養成することを目標としています。具体的には、次のような学生を受け入れます。

【入学者に求める能力】
  1. 自分を育てる力
    • 〔期待する能力〕教育や保育に携わる人間として、関連する知識や技能を習得するのみならず、良好な人間関係を築き、また、築かせることのできる人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  2. 知識・理解力
    • 〔期待する能力〕多くの学問や人間と関わり、積極的に他者を理解しようとする人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  3. 言語力
    • 〔期待する能力〕一人ひとりの言語力の相違に気付き、一人ひとりの個性に応じた対応をしようとする人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  4. 思考・解決力
    • 〔期待する能力〕自分の考えだけでなく、人の考えを聞き、また深く考え、問題があっても解決しようとする力のある人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  5. 共生・協働する力
    • 〔期待する能力〕学習活動に参加し、共生し協働しながら困難に立ち向かうことで何かを成し遂げようとする人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
  6. 創造・発信力
    • 〔期待する能力〕様々な想像をし、意見を交換することで、更に想像力を発揮できる人。
    • 〔選考方法〕面接、志望理由書、書類
【二年次編入学対象者に求める学習経験】

こども教育学科では、一人ひとりのこどもに寄り添い、適切な教育ができる人材を輩出するため、幼稚園教諭・小学校教諭・特別支援学校教諭を養成しています。二年次編入を希望する学生には、まず、短期大学・四年制大学等の初年次の学習内容の習得に向けて努力していることが期待されます。また、教育に関する諸問題に関心を持ったり、教育に関する知識や技術を積極的に学習する姿勢が望まれます。

【編入までに培った能力に対する選考方法】
考査方法 書類審査・面接審査
能力 成績 目的意識 学科理解度 自己表現 資格 将来性
二年次推薦編入 -
二年次一般編入 -

(◎=大きい比重、〇=小さい比重)