京都ノートルダム女子大学

就業力を自己開発する実践キャリア教育 ライフプランニングから始まる段階的キャリア形成カリキュラム

取組の概要

本取組は、学生が社会的・職業的に自立を図り、必要な就業力を獲得することをめざします。就業力の基盤となるライフプランニングへの意識と、構築への意欲を学生に植え付け、そこから就業意識を高めて学生を自覚的なキャリア形成に向かわせることを目的とし、社会的・職業的自立に関する指導等(キャリアガイダンス)をカリキュラムに取り入れる全学的な取組です。

具体的な3つの事業

  1. ライフプランを具体化し推進できる自力を育成するキャリア形成科目の体系化と可視化。
  2. 4年間の段階的キャリア形成カリキュラムに支えられた実践科目および課外活動の充実。
  3. キャリア形成を自覚的、主体的にすすめるツールとなるキャリア自己評価システムの構築。

この取組による達成目標

本取組によって次の2 点を達成目標とします。

1. 学生の就業意欲、就業意識を高めること

「就業力」は簡単に測定できるものではないが、本取組において修得したキャリア科目の自覚的蓄積を自立と成長の証と捉え、成績を含めたキャリア形成科目の修得状況をキャリアアップポイントして設定します。この指標が設定した標準値に達することが個々の学生の目標となります。

2. 就職(内定)率を上げること

本学学生を受け入れた企業から、本学カリキュラムによって確かな就業意識と就業力を持った人材だという評価を得ることが目標となります。