京都ノートルダム女子大学

就業力を自己開発する実践キャリア教育 ライフプランニングから始まる段階的キャリア形成カリキュラム

達成目標

本取組によって次の2 点を達成目標とします。

1. 学生の就業意欲、就業意識を高めること

「就業力」は簡単に測定できるものではないが、本取組において修得したキャリア科目の自覚的蓄積を自立と成長の証と捉え、成績を含めたキャリア形成科目の修得状況をキャリアアップポイントして設定します。この指標が設定した標準値に達することが個々の学生の目標となります。

2. 就職(内定)率を上げること

本学学生を受け入れた企業から、本学カリキュラムによって確かな就業意識と就業力を持った人材だという評価を得ることが目標となります。

ライフキャッチを考える・・・

一般的にこの「キャリア」ということばを耳にすると、「就職」「職業」といったイメージが先行しがちです。本学では「キャリア」ということばを「人生」ひいては「生き方」といった意味で捉えています。
すなわち4 年間の学生生活を過ごした後に「就職」がありますが、自分の希望するところに「内定」するのが目的ではなく、一通過点と考え将来に繋げ、どのように「人生」を送りたいのか、どのように生きていきたいのかを自ら考える「ライフプランニング」を構築していくものです。