本学の取組

本学のキャリア科目について

1. 「キャリア形成カリキュラム」と「キャリア自己評価システム」の連動による段階的なキャリア教育

初年次から卒業まで学生のキャリア発達にあわせた段階的なキャリア形成科目を開講しています。またキャリア自己評価システムを利用し、在学中の目標設定や社会人基礎力のチェック、キャリア科目の修得状況を確認し、主体的にキャリア形成ができる仕組みを作っています。

2. PBL型「キャリア形成ゼミ」の開講

キャリア形成ゼミは、企業や地域組織と連携し、現場に入って課題を見つけ、企画、実践するプロジェクト型実践科目(PBL)です。平成24年度にはJTB西日本と連携した旅行プランナーゼミ、左京区社会福祉協議会と連携した町づくりプランナーゼミなど7ゼミを開講しました。

3. ライフキャリアプログラムの開発(H25年度より開講)

キャリア形成のための学際的教育プログラムとして、学部横断型のライフキャリアプログラムを開講します。そのうち「ホスピタリティプログラム」は、京都の伝統文化にホスピタリティの精神やスキルを学ぶ「ホスピタリティ京都」や京都の老舗でのインターンシップ等の授業で構成しています。 もう一つの「子ども未来プログラム」は子育て経験のある各界のキャリア女性による講義を受け、子育て親子の支援活動などを実践する科目群から成ります。

キャリア自己評価システム「キャリ庵」

このシステムは学生が社会人基礎力を意識し、在学中に身につけられるように開発したツールです。
初年次のガイダンスで社会人基礎力をチェックし、また学期ごとに目標設定と振り返りを行います。学部ごとにキャリア形成カリキュラムを設定し、科目ごとにキャリアアップポイントを設定し修得ごとにポイントののびが確認できるようになっています。
H25年度からは全科目に本学独自の社会人基礎力を設定し科目の修得ごとにどの社会人基礎力が伸びたのかも確認できるようになります。

キャリア自己評価システム「キャリ庵」
京都ノートルダム女子大学
キャリアセンター
〒606-0847
京都市左京区下鴨
南野々神町1番地
TEL:075-706-3744