社会・地域連携、貢献

大学間連携

京都府立医科大学との連携

京都府立医科大学と大学間連携に関する包括協定を結び、教育研究の相互交流、学生・教職員の相互交流、社会貢献に資する共同研究、共同事業を推進しています。

詳細はこちら

京都工芸繊維大学との連携

「KIND 日本語教室」の実施に関する覚書を締結(2013年7月12日)

日本語教員とは外国人の留学生や労働者、またその家族など、日本語を母語としない学習者に日本語を教える教員のことです。本学ではすべての学部において、所定の単位を修得することで日本語教員養成課程修了証を得ることができます。
本学と京都工芸繊維大学との連携にもとづいて実施されるKIND日本語教室では、日本語教員養成課程科目の「日本語教育実習Ⅰ・Ⅱ」の受講生が京都工芸繊維大学の留学生に対し模擬授業を行っています。相互の学生交流と国際理解を深める機会にもなっています。

 

「文化芸術都市京都の文化遺産の保存・活性化を支える人材育成プログラム」に係る連携

古都京都には多くの無形文化遺産があり、京都市は、優れた文化・芸術を保存、再生、創造する取組を進め、文化芸術都市として創生することを目指して「京都文化芸術都市創生計画」を策定しています。
これを受けて、京都市と京都工芸繊維大学、京都市立芸術大学、京都産業大学、京都ノートルダム女子大学の4大学が協力し、「文化芸術都市京都の文化遺産の保存・活性化を支える人材育成プログラム」を実施しています。単位互換科目を学期始めに登録し、単位修得して所定の手続きを行うことで、4大学の学長による修了認定証が交付されます。


海外との大学間連携