心理学研究科 臨床心理学専攻

心理学研究科 臨床心理学専攻〈博士前期課程〉

不適応状態や精神症状のメカニズムを探究し、臨床実践により基礎理論の修得をめざす

臨床心理学専攻は、現代社会における心理的諸問題、たとえば不登校や家庭内暴力、職場での不適応、ひきこもり、さらにはPTSDなど、深刻な問題についての理解を深め、このような問題を抱えている人への適切な臨床心理的援助をおこなえる専門家の養成を目標としています。カウンセリング、心理療法に関する基礎的な知識や理論をもとに、対人援助の技術を身につけ、さらにそれらを探究する姿勢を持った臨床心理士の養成をめざして、理論と実践を両輪にした心理学研究がおこなえる教育プログラムを備えています。

めざす人材

臨床心理学を修得し、心理臨床の現場で対人的援助をおこなうことのできる人材

取得可能資格

  • (財)日本臨床心理士資格認定協会認定 臨床心理士受験資格(1種指定校)

ページトップ

カリキュラム

臨床心理学専攻は、ますます複雑化する社会の中で生じてくるストレスや不適応状態、精神症状についての理解を深めるために、そのメカニズムを探究することのできるカリキュラムと、基礎理論の修得をもとに臨床実践をおこなうためのカリキュラムから成り立っています。
特に実習時間を多くとり、そこで得られる体験を通して基礎理論の理解を深め、臨床的応用力を身につけることを目標にしています。

基礎科目

「基礎科目」では、研究の共通基盤となる科学的心理学研究法を修得します。「行動科学特論」「認知機構特論」で実証科学としての心理学の基礎理論を学び、さらに統計法や研究法に関わる科目では、臨床心理学の実践において生まれてくるさまざまな仮説を研究として発展させ、検証し、新たな知見を導き出すための高度な心理学的研究法について学びます。

  • 行動科学特論
  • 認知機構特論
  • 心理統計学特論(多変量解析)
  • 心理統計学特論(少数例統計)
  • 心理学研究法特論

専門科目

臨床実践の根幹となる「専門科目」では、カウンセリングや心理療法の理論や技法について、理論的かつ実践的に修得し、臨床心理士として活躍できる人材の育成をめざします。
臨床心理学の理論を体系的に学びつつ、学内の心理臨床センター、および学外施設において、来談されるクライエントや患者に対する心理的援助実践を積んでいきます。

  • 臨床心理学特論Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床心理面接特論Ⅰ・Ⅱ
  • 人格心理学特論
  • 臨床心理基礎実習Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床心理実習Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床心理事例研究法演習Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床心理査定演習Ⅰ・Ⅱ
  • 精神医学特論

関連科目

「関連科目」は、臨床心理学に関連の深い近接領域の学問を幅広く学ぶことにより、人間という存在を、より広い視野から捉え、多面的な理解を深めるための科目です。心理臨床実践者・研究者としての幅広い視座の形成をめざします。

  • 児童精神医学特論
  • 大脳生理学特論
  • 発達心理学特論
  • 学校心理学特論Ⅰ(学習心理)・Ⅱ(教育理論)
  • 学校臨床心理学特論
  • 教育社会心理学特論
  • 心理関係法規特論
  • 臨床心理地域援助特論 など

演習科目

「演習科目」では、修士論文作成に向けて研究を深めます。
「専門演習」では、専攻の教員と院生が一堂に会し、各院生の研究計画や研究結果の報告を検討します。
「特別研究」は、実際に修士論文を作成するための個別指導であり、研究計画から実施、論文作成まで個別に
ていねいな指導を受けることになります。発達・学校心理学専攻、心理学専攻の院生と合同で専門演習をおこなうこともあります。

  • 臨床心理学専門演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 特別研究

ページトップ

主な科目紹介

臨床心理基礎実習Ⅰ・Ⅱ
本科目は、1年次において学内外の施設で実際に心理的援助をおこなう実習で、事例の検討会もおこないます。受理面接への陪席、担当事例の検討、発表を通して対人援助の専門家としての基本を身につけます。
臨床心理事例研究法演習Ⅰ・Ⅱ
本演習では、定期的に担当する事例の経過を教員に報告し、心理面接に関するスーパービジョンを受けることにより、実践力を養います。そして、それぞれの事例に貢献できるようなふり返りとまとめの作業をおこないます。
臨床心理査定演習Ⅰ・Ⅱ
援助の対象者の心理的能力および人格・行動傾向について、的確なアセスメントと介入方針が立てられるよう、検査実施の基本について、実習を通してマスターします。
臨床心理学特論Ⅰ・Ⅱ
心理的援助をおこなう場合、まず現象を的確に理解し、それへの取り組み方の選択をし、介入による予後の見立てをおこなわなければなりません。そのための学問体系を学び、現場実践につなげます。
臨床心理面接特論Ⅰ・Ⅱ
心理面接の基本となる、関係性の持ち方、傾聴や共感的理解を基盤に、各種の技術を学びます。実践的なカウンセリング技法の習熟と体験を通しての自己理解の促進につとめます。
心理療法特論
自己への気づきを重視する来談者中心療法や精神分析療法、個人の認知や行動の変容に力点を置く行動療法や認知行動療法、システム論などに基づいた家族療法といった、臨床心理学における代表的な治療理論と技法を学びつつ、方法を超えた心理療法の姿勢について考えます。
修士論文題目例
  • 中学生の友人、学業ストレスに対するレジリエンスの意義
    ―資質的要因と獲得的要因に着目して―
     
  • コラージュ制作による感情変化と性格特性との関連
    ―イメージ表現に関する考察―
     
  • 看護師の役割ストレッサーおよび完全主義認知とバーンアウトとの関連について
    ―若手看護師に焦点を当てて―
     

ページトップ