現代人間学部 福祉生活デザイン学科

現代人間学部 福祉生活デザイン学科

心理カウンセリングコース

臨床心理士・公認心理師をめざすプログラム

本プログラムで広がる未来

臨床心理の理論を学ぶとともに、対人援助技術を身につけて、こころの問題を抱える人をサポートするスペシャリストをめざします。「臨床心理士」「公認心理師」などの専門職を希望する場合は、本学大学院心理学研究科への進学も可能。資格取得後は教育・医療・産業・司法・保健といったさまざまな分野への就職が見込まれます。また、精神科以外の医療現場や職場のメンタルヘルス部門での活躍も期待されています。

Pick Up授業

【臨床心理アセスメント】

心理テスト・面接・観察を通して、性格や人間関係などに悩む人の症状や行動を心理学的に見立てる方法を実践的に身につけます。さらに、その結果を治療や援助の指針に役立てる過程について学びます。

【心理カウンセリング実践】

「面接技法」と「アートセラピー」の2つの技法を学びます。面接技法では、カウンセリングに必要な傾聴や応答の技法を学生同士のロールプレイにより体得。アートセラピーでは、描画、箱庭、コラージュなど、素材を用いた心理療法について学びます。

学びの流れについて

2年次

カウンセリングや心理療法に必要な基礎知識を身につけるとともに、心理学の幅広い分野を学びます。

3年次

カウンセリングの技法や姿勢を体験的に学んでいきます。精神医学や犯罪心理学などの科目で心の問題についての知識を掘り下げます。

4年次

精神病理やストレス、対人関係など各自のテーマで卒業研究に取り組みます。大学院進学をめざす学生は、試験対策やより発展的な対人援助の実践を進めます。

心理学を活かした対人援助・サービスの仕事をめざすプログラム

本プログラムで広がる未来

4年間の学びで心理学の知識と心理カウンセリングのスキルを身につけて、医療・福祉・教育といった現場での対人援助や、コーディネーターやコンシェルジュといった対人サービスの仕事に就くことをめざします。認定心理士の資格が取得できるほか、精神保健福祉士(PSW)の受験資格取得が可能。さらに、大学卒業後に心理的支援の業務経験を積むことで公認心理師の資格取得もめざせます。

Pick Up授業

【心理カウンセリング概論】

対人援助の基本となる姿勢、話を聴くスキル、カウンセリングや心理療法の代表的な理論など、心理専門職に就くためのベースをつくる科目です。2年次以降に学ぶさまざまな技法の入門編でもあります。

【対人関係論】

友人関係や恋愛関係など、私たちはさまざまな形で関わり合いながら生活しています。本科目では「話をする」「一緒に行動する」といった何気ないふるまいに含まれるメカニズムを社会心理学の立場から考えます。

学びの流れについて

2年次

心理的サポートの基本技術や対人関係の理論を学び、それが生活の中でどのように生かされているかを学びます。

3年次

実践科目やフィールド研修で対人援助やコミュニケーションの技術を学びます。精神保健福祉士をめざす人は、その関連科目が本格化します。

4年次

卒業研究で自分の問題意識を探求しながら、キャリアイメージを実現させていきます。資格取得や公務員試験に向けての準備も進めます。

社会・ビジネス心理コース

社会・ビジネスでの活躍をめざすプログラム

本プログラムで広がる未来

社会・ビジネスで生かせる情報収集力、分析力、プレゼンテーション力を身につけるとともに、そのスキルを証明する「社会調査士」や「情報処理士」の資格取得をめざすプログラムです。卒業後の進路は、消費者心理を調査してヒット商品を生みだす企画・開発や、多様な生活者の行動や対人関係を観察・調査して住みよい街をつくるプランナーなど、資格を強みに企業・NPO・自治体などでの活躍をめざします。

Pick Up授業

【生活環境の心理学】

「日常の生活環境が私たちの行動にどのような影響を与えるのか」をテーマに、人間と環境の関わりについて解き明かします。環境の好み、快適さ、物の使いやすさなどについて、観察と経験を通して学びます。

【心理学情報処理】

1、2年次に学んだ心理統計法や質問紙調査の知識・スキルをもとに、自分で調査設計から分析までできるようにしていく授業です。統計パッケージソフトを使いこなし、データの分析から結論を導き出します。

学びの流れについて

2年次

消費行動、ファッション、家庭、ビジネスなど、生活や社会に関わる心理学を学び、多様なトピックの研究法を学びます。

3年次

知識を自分の問題意識につなげていきます。フィールド研修、インターンシップでデータ収集や分析をし社会調査士などをめざします。

4年次

日常生活やビジネスシーンの中の行動について、その行動に現れる心理メカニズムを調査、実験、観察を通して検証し、卒業研究としてまとめます。

取得可能な資格

  • 認定心理士
  • 認定心理士(心理調査)
  • 精神保健福祉士【国】受験資格※
  • 社会調査士
  • 情報処理士
  • 図書館司書
  • 児童指導員などの任用資格

※計画中

就職先

  • 京都銀行
  • 日本生命保険相互会社
  • 京都大原記念病院
  • (株)セブンイレブン・ジャパン
  • TISソリューションリンク(株) など

進学

  • 本学心理学研究科
  • 関西大学大学院
  • 鳴門教育大学大学院 など

※教職課程認定申請中のためカリキュラムは変更の可能性があります。

詳細はこちら

オリジナルサイト