海外留学プログラム

セメスター認定留学制度

協定大学へセメスター単位で留学し、語学や専門分野の授業を単位認定。

本学が協定を結ぶアメリカ、アイルランド、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドに所在する協定大学の中から、希望する大学へセメスター(半期)単位で留学し、協定大学で履修した語学や専門科目の授業時間数を帰国後に本学の単位として認定する制度です。留学中は本学の授業料減免制度が適用されるほか、半期単位で最長1年まで、語学や専門分野の学習を目的に留学することができます。

プログラム概要

セメスター認定留学制度とは、本学との間に協定を締結している海外の大学またはこれに相当する当該大学附属教育機関、または教授会が認定した外国の大学等(以下、協定大学という。)へセメスター(半期)単位で留学し、協定大学で履修した授業時間数を、帰国後に本学の単位として認定する本学独自の留学制度です。

  • ●セメスター認定留学は、原則として半期単位で留学するものとし、留学期間は1年未満とします。
  • ●セメスター認定留学による留学期間は修業年限に算入し、学則第31条に規定する留学の扱いとします。
  • ●留学時期は、2年次前期~3年次後期までの間の半期または1学年間とします。