2019年度入試トピックス

2019年度入学試験のトピックスです。

入学検定料を引き下げ

2018年度より近年の不安定な経済状況の中、大学受験にかかる経済負担を少しでも軽減するために、以下の入試での検定料を引き下げています。

入試種別 入学検定料
AO入試・公募制推薦入試・一般入試 10,000円
センター試験利用入試 5,000円

インターネット出願へ完全移行

  • 2019年度入試から以下の入試において、紙の願書による出願を廃止し、インターネットでの出願に完全移行します。
    (指定校推薦入試、公募制推薦入試、AO入試、一般入試、センター試験利用入試、外国人留学生入試、帰国生徒入試)
  • インターネットに接続されたパソコン、スマートフォン、タブレットから出願期間中24時間いつでも出願できます。

学内併願制を導入(2学科まで併願可)

公募制推薦入試、一般入試、センター試験利用において、1回の出願で2学科まで併願できます。英語英文学科はグローバル英語コースと英語教養コースのコース別で出願可能です。

英語外部検定試験を利用できます

英語の外部検定試験のスコア等を利用し、試験科目「英語」の受験免除あるいは加点を受けることができます。

  • 公募制推薦入試:基礎能力検査「英語」を免除
  • 一般入試:試験科目「英語」に加点

出願時に英語外部検定試験のスコアなどの証明書の提出が必要です。詳細については、入試要項(7月上旬発行予定)または受験生応援サイトの以下のページをご確認ください。

入学試験でのさまざまな学費支援制度

「入学前予約採用型給付奨学金」を新設

  • 一般入試Ⅰ期、センター試験利用入試Ⅰ期の出願前に奨学金の受給が内定する制度です。
  1. 給付額:250,000円(入学後に支給します)
  2. 採用人数:25名

「特待生制度」授業料半額

  • 入学試験の成績優秀者を「特待生」として採用し、経済的に援助します。
  1. 対象入試:一般入試Ⅰ期(出願者全員が選考の対象となります)
  2. 免除:1年次の授業料半額免除(原則として成績上位15名以内の者の前期授業料375,000円を免除します)

※推薦入試などの年内入試で合格し入学手続きを完了した方も一般入試Ⅰ期において、特待生制度にチャレンジできます。

「卒業生子女入学金減免制度」

  • 3親等以内の親族が本学(大学・大学院)を卒業・修了した同窓生の場合、入学金を入学後に全額返還します。