研究シーズ

印刷用画面

研究テーマ

高齢者の「低栄養」予防のための食生活や心の支援に関する研究

生活福祉文化学部

加藤 佐千子教授

連携分野

  • 教育
  • 福祉
  • 食文化・食生活

業務分野

  • コンサルティング
  • 企画
  • 調査
  • 講演
  • 開発

キーワード:

低栄養 健康づくり 食生活 高齢者 

研究内容

 高齢者の健康維持・増進のために、食べることはどのように影響しているのか、また、食物を選ぶ理由はどのようなことなのか、あるいは、高齢者はなぜ食べるのか、どのように食べているのかということについて研究をしています。最近では、後期高齢者の低栄養を予防する食と心理的支援の研究も行っています。

研究の実績

<研究論文>
・ 高齢者用食物選択動機質問票の基準関連妥当性の検討. 京都ノートルダム女子大学紀要 45 12-29(2015)
・ 食物選択に対する認知的視点から元気高齢者の食物選択を支援する研究- 食物選択動機質問票(FCQ-E)を用いた食物選択動機の把握と実際の食物選択との関連から-
 大阪ガスグループ福祉財団調査研究報告集 27 59-65(2014)
・ 女性高齢者の食物選択動機と野菜選択、健康度自己評価、個人属性との関連. 日本食生活学会 25(3)191-202(2014)
・ 男女高齢者の食物選択動機の比較-平均構造モデルによる検討. 京都ノートルダム女子大学紀要 44 61-73(2014)
・ 生活機能の高い高齢者における食物選択動機の様相. 京都ノートルダム女子大学紀要 43 15-23(2013)
・ 「第9章毎日の自覚的食生活が生み出すサクセスフル・エイジング」 京都ノートルダム女子大学生活福祉文化学部 『生活福祉文化資源の探求これからの日本の生活様式を求めて』 ナカニシヤ出版 141-156(2013)
・ 生活機能の高い高齢者における「食物選択動機」の構造. 医学と生物学 156 (7) 486-499(2012)
・ 男女大学生の食物選択動機と食物摂取、健康統制感及びセルフ・エフィカシーとの関連. 京都ノートルダム女子大学紀要 41 1-17(2011)

<連携>
リブドゥーコーポレーションホームページ特別寄稿「簡単にできる和風スイーツ」
京・伝統文化伝承ネットワーク映像コンテンツ作成(京都e-ラーニング塾)
・京の郷土料理~与謝野朝の海・山のすし三種~
・京の郷土料理~美山町の伝統食三種~
・京の郷土料理~宇治田原町の伝承茶料理~

本学教員の研究成果や研究リソースを産業界や地域で活用してもらうこと、また企業や地域組織との共同研究をすすめることを目的として、教員が各自の研究の中から企業や地域との連携の可能性が考えられるような研究テーマを選び、その内容を分かりやすく紹介しています。

【問合せ先】
掲載されている研究シーズにご関心がある場合は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
担当教員または事務局より折り返しご連絡させていただきます。

研究シーズ担当(事務局) :  京都ノートルダム女子大学 研究・情報推進課
E-mail : research @ notredame.ac.jp

京都ノートルダム女子大学 〒606-0847 京都市左京区下鴨南野々神町1番地 TEL : 075-706-3789 | プライバシーポリシー |