研究シーズ

印刷用画面

研究テーマ

体育科における教員養成プログラムや現職教員研修プログラム

心理学部

住本 純助教

連携分野

  • 保育
  • 教育

業務分野

  • 研修・人材育成
  • 講演

キーワード:

体育科教育 授業研究 教師教育 

研究内容

教員養成段階の学生や現職教員の体育授業力量の向上に着目し、研究を進めています。特に小学校では、体育科を専門とする教員だけが体育授業を教えるわけではありません。そこで、体育科の授業力量向上に寄与する効果的な養成プログラムや研修プログラムの構築を目指しています。

研究の実績

講師・指導助言
 1.平成27年度 大阪小中学校体育研究大会授業研究発表「ネット型ゲーム」
 2.平成27年度 東大阪市小学校体育研究会総会「児童が主体的に参加する体育授業づくり」
 3.平成27年度 東大阪市立幼稚園 「運動遊び指導:鬼遊び、なわとび遊び」

研究活動
 1. 住本純・岡出美則(2015)現職教員が大学での体育に関する長期研修に参加する動機と契機.スポーツ教育学研究67号,Vol.35-1:15-27
 2. 住本純(2016)小学校教員養成段階における体育授業観の様態~短期大学児童教育学科を事例に~.夙川学院短期大学研究紀要43:18~26
 3. 日本体操学会研究プロジェクト(2012)
    大塚隆、大島林子、小出高義、関野智史、住本純、長谷川聖修、三宅良輔
    「小・中学校における体つくり運動の実践と評価に基づく改善」

本学教員の研究成果や研究リソースを産業界や地域で活用してもらうこと、また企業や地域組織との共同研究をすすめることを目的として、教員が各自の研究の中から企業や地域との連携の可能性が考えられるような研究テーマを選び、その内容を分かりやすく紹介しています。

【問合せ先】
掲載されている研究シーズにご関心がある場合は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
担当教員または事務局より折り返しご連絡させていただきます。

研究シーズ担当(事務局) :  京都ノートルダム女子大学 研究・情報推進課
E-mail : research @ notredame.ac.jp

京都ノートルダム女子大学 〒606-0847 京都市左京区下鴨南野々神町1番地 TEL : 075-706-3789 | プライバシーポリシー |