研究シーズ

印刷用画面

研究テーマ

新約聖書の書簡文学における言語と思想

人間文化学部 人間文化学科

中里 郁子講師

連携分野

  • 哲学・宗教

業務分野

  • 講演

キーワード:

キリスト教思想 新約聖書 書簡文学 

研究内容

新約聖書の書簡文学、特にパウロ書簡を研究しています。書簡文学において用いられている言葉やレトリック、書簡の形式、書簡の書かれた文化的・歴史的背景の研究を通して、キリスト教黎明期のキリスト者の生き方と思想を探究しています。

研究の実績



講演
 1. 京都ノートルダム女子大学主催「土曜公開講座」(京の府民大学対象講座)
   「『ヘブライ人への手紙』における救い」(2011年11月12日)
 2. 京都ノートルダム女子大学主催「土曜公開講座」(京の府民大学対象講座)
   「聖パウロによる《キリスト者の自由》」(2011年11月26日)

研究活動
 1. Ikuko Nakazato, The Spirit in Paul's Apology: Exegetico-Theological study of 2 Corinthians, Rome: Pontifical University of St. Thomas Aquinas (Angelicum), 2011.
 2. 中里郁子「『ヘブライ人への手紙』における旧約の祭司職と犠牲」、京都ノートルダム女子大学カトリック教育センター紀要『マラナタ』第19号(2012年)、97~112頁。

本学教員の研究成果や研究リソースを産業界や地域で活用してもらうこと、また企業や地域組織との共同研究をすすめることを目的として、教員が各自の研究の中から企業や地域との連携の可能性が考えられるような研究テーマを選び、その内容を分かりやすく紹介しています。

【問合せ先】
掲載されている研究シーズにご関心がある場合は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
担当教員または事務局より折り返しご連絡させていただきます。

研究シーズ担当(事務局) :  京都ノートルダム女子大学 研究・情報推進課
E-mail : research @ notredame.ac.jp

京都ノートルダム女子大学 〒606-0847 京都市左京区下鴨南野々神町1番地 TEL : 075-706-3789 | プライバシーポリシー |