About Department of Cross-Cultural Studies 人間文化学科とは

当学科について

日本と世界をつなぐ2つの領域

日本と世界をつなぐ2つの領域

現代の日本は、文化や経済が世界各国と密接に関わるグローバル化の中にあります。アニメやゲームなどクールジャパンの例に見るように、日本で生まれた文化を世界に同時発信する時代です。また、世界の人々と交渉するためには、異なる文化を深く理解する態度が求められます。

人間文化学科では、日本の伝統文化から現代まで学ぶ「日本語日本文化領域」と、多様な言語や習慣を持つ各国文化を理解する「国際文化領域」を用意します。国内と国外に共に目を向け、グローバル社会で求められる発信力と多文化理解力を育成します。

国際社会で豊かさを生む文化

国際社会で豊かさを生む文化

グローバル社会というと経済が話題に上がりますが、交渉の現場で大切なことは、互いの文化や習慣を理解することです。相手を理解し尊重することが、グローバル社会で行うコミュニケーションの第一歩です。

またグローバル社会で取引されるものは、農産物や工業製品だけではありません。文学、美術、音楽、映画、アニメ、ゲームなど、多様な作品やコンテンツが世界を巡っています。人間は生活必需品だけではなく、生活に彩りを与え、心を豊かにする創造的表現を求めています。

人間文化学科では、グローバル社会をふまえ、コミュニケーションと創造的表現の2つ観点から、文化を学んでいきます。日本語と日本文化を始めとして、アジアやヨーロッパの言語や文化を学び、言葉の表現、インターネットなど各種メディアでの発信方法など、コミュニケーションの方法を考えます。また、文学、美術、音楽など、文化表現を学び、人間の創造性について考えます。

文化の学びを社会で役立つ力に

文化の学びを社会で役立つ力に

グローバル社会で求められるのは、実際に発案し実践できる力です。人間文化学科では、言葉を通じたコミュニケーション、各種メディアでの発信方法など、入学時から段階的に実践するカリキュラムを用意しています。

1年次から2年次にかけて、日本語力を身につける授業、日本語コミュニケーションを用意しています。また、1年次ゼミ基礎演習、2年次ゼミ発展演習、3年次ゼミ専門演習、4年次ゼミ卒業研究と、各学年少人数ゼミを用意し、一人一人が研究内容をまとめ、プレゼンを行う場を設けます。個別のニーズによって、より多様な表現を求め、冊子制作、映像制作などの発信方法にチャレンジすることもできます。

カリキュラム(授業科目の構成)

■2領域の単位をどちらも取得できます。

人間文化学科のカリキュラム(授業科目の構成)は、日本語日本文化領域、国際文化領域の2つに分かれています。

日本語日本文化領域は、日本語の文法や語彙、コミュニケーションについて学ぶ科目と、古代から現代まで日本文化を学ぶ授業を用意しています。国際文化領域は、ヨーロッパ、アジア、中東の文化を学び、異文化理解を深める授業を用意しています。

日本と世界をつなぎ、相互に理解する力を身につけることを目指すため、どちらの領域の科目も修得することができます。日本文化を専門とする場合も、異なる国の文化を学ぶことで、日本の特徴がより理解できるようになります。また、人間文化学科で用意している資格は、どちらの領域でも取得できます。

さらに、コミュニケーションスキルや情報スキルに関わる授業は、どちらの領域を専門とする場合にも必要となります。日本文化を世界に発信し、世界から日本に訪れた方をおもてなししましょう。

日本語日本文化領域(国語科教諭免許)/国際文化領域(日本語教員) 相互に単位取得が可能|学科共通科目 コミュニケーションスキル/情報発信スキル|話しことば教育・情報処理士・ウェブデザイン実務士・図書館司書・博物館学芸員(学科共通分野を、専門に学ぶこともできます。)

日本語日本文化領域

日本語日本文化領域では、日本の文化の理解を深め、日本語の「聞く」「話す」「書く」「読む」力を鍛えて、日本文化を主体的に発信できる力を身につけます。

この領域の特徴は、次の3つです。

  1. 「日本語のスペシャリスト」をめざします。コミュニケーション力を養い、教員、一般企業など、どのような仕事に就いても役立つ日本語 運用力を身につけます。
  2. 「日本の文化」を研究します。京都という立地を生かして、伝統文化を肌で感じ、フィールドで体験しながら学ぶことが出来ます。
  3. 「文化ビジネスのプロデュース力」を獲得します。企画から実践までの多様な機会を通して、文化に関連した職業や観光などのビジネスに おける商品、サービスの企画、提供に役立つ力を養います。

日本語と日本文化の学びを基に、国語科教員、日本語教員、図書館司書といった資格を社会で活かすことができます。

【主な科目】
  • ●国文学概論
  • ●国語学概論
  • ●日本文化論
  • ●現代出版事情
  • ●日本古典文学講読
  • ●日本近代文学講読
  • ●日本語文法
  • ●日本語研究
  • ●古文書読解
  • ●京都学
  • ●京都フィールドワーク研究
  • ●日本思想
  • ●日本美術史
  • ●日本語表現
  • ●日本語の朗読
  • ●スピーチの基礎
  • ●漢文学入門
  • ●漢文学特講
  • ●子どもの読書とメディア
  • ●昔話とストーリーテリング
  • ●出版文化史

国際文化領域

国際文化領域では、ヨーロッパ、アジア、中東の思想、宗教、芸術などを学びながら、異文化理解の方法を身につけます。

この領域の特徴は、次の3つです。

  1. 「知性と感性」を働かせて実践的に学びます。文化が仲立ちするコミュニケーションには、言語を用いる文学や哲学、非言語的な美術や音楽などがあります。
    特に、「アラブ・イスラーム文化」「中国文化」「ヨーロッパの音楽・美術」「キリスト教と文化」を深く学ぶことができます。実体験を 重視して知性と感性の双方を磨きます。
  2. 「主体的な発信力」を育てます。異文化を多角的に学ぶ中で、自分はどう感じるのか、考えるのか、論理的に伝える経験を重ねて、国際的に通用する知性と発信力を育てます。
  3. 「他者を理解する柔軟で強靭な思考力」を獲得します。異なる文化を理解するための枠組みを知り、様々な実例を学ぶことで、情報化社会に対応できる思考力を鍛えます。

異文化理解と発信力を基に、日本語教員、情報処理士、博物館学芸員、図書館司書といった資格を活かすことが出来ます。

【主な科目】
  • ●言語文化概論
  • ●比較文学講読
  • ●多文化理解
  • ●日中近代語彙比較論
  • ●朝鮮文化論
  • ●アラブ文学特講
  • ●キリスト教とラテン語
  • ●中東文化論
  • ●西洋美術史Ⅰ・Ⅱ
  • ●音楽鑑賞法
  • ●音楽文化概論
  • ●歌曲論
  • ●西洋思想史(古代・中世)
  • ●西洋思想史(近世)
  • ●インターネット社会論
  • ●情報・メディアの文化とリテラシー
  • ●識字活動と子どもの権利
  • ●グラフィックデザインと冊子制作
  • ●色彩デザイン論

■4年間のまとめは、卒業論文、卒業制作、どちらも選べます。

大学では、4年間の学びとして、卒業論文をまとめます。人間文化学科では、実社会で活用できる表現力を重んじているため、冊子制作や活動報告など、研究内容や研究実践を自分の選んだ表現方法にまとめることができます。自分の将来につながる発信方法や活動を形にしましょう。

【卒業論文の例】
卒業論文
  • ●太宰治作品の女性一人称
  • ●平重衡人物考
  • ●ディズニーアニメーションにおけるプリンセス作品の変遷
  • ●異文化摩擦における効果的なコミュニケーションスキルについて
  • ●大学教育におけるラーニング・コモンズ―大学図書館の機能分析を中心に
【卒業制作の例】
卒業制作
  • ●京都百人一首(かるた制作)
  • ●京都動物ものがたり(絵本制作)
  • ●旅行企画J.W.ウォーターハウスを巡る旅(旅行企画)
  • ●公共トイレにおける視覚障がい者誘導の冊子制作
  • ●行きて帰りし物語のプロットを用いたしかけ絵本

PAGETOP