京都ノートルダム女子大学人間文化学科

本学TOP人間文化学科TOP

人間文化学科

基礎演習(1年次)

発展演習(2年次)

専門演習(3年次)

卒業研究(4年次)

 
 

演習クラス

 

基礎演習(1年次)

平成25年度一斉授業

人間文化学科1年次生必修科目「基礎演習」は、10人以下の少人数クラスで、大学の学びの基礎を習得する科目ですが、一年に4回、合同クラスの特別講義を実施しています。
 

第1回 2013年6月1日

「能の魅力を知る〜面白さを体験してみよう〜」(今井克紀先生)

今年第一回目は、金剛流能楽師・今井克紀先生による「能の魅力を知る〜面白さを体験してみよう〜」と題する授業で した。

 最初の30分は、ホワイトボード、パワーポイント、DVDなどを用いた講義です。能がどのようにして生まれ、どのように発展して「四座一流(金剛、金 春、観世、宝生と喜多)」として現代まで継承されてきたか、その歴史について分かりやすく解説して下さいました。
義満、信長、秀吉、家康、秀忠といった武将たちが、能の発展に大きく関与していたというお話に、歴女たちの目が輝きます。
その後、金剛能楽堂の写真を拝見しながら、能舞台の造りや意味について、お話を伺いました。能は本来、神に奉納するために神前で行うものなので、浄瑠璃や歌舞伎と違って緞帳はない、などなど、演劇と言えばミュージカルぐらいしか見たことのない現代っ子たちにとって、興味深いお話でした。

 ご講義のあとは、実技です。まずは謡。詞章が配られ、先生のお手本を拝聴します。曲は、世阿弥の名作「羽衣」です。天人が奪われた羽衣を取り返すため、舞いを舞って、天に帰って行くという話。謡ったのは、次の一節です。

迦陵頻伽(かりょうびん が)の馴れ馴れし、迦陵頻伽の馴れ馴れし、声今更に僅かなる、雁がねの帰りゆく、天路を聞けばなつかしや、千鳥鴎の沖つ波、行 くか帰るか春風の、空に吹くまでなつかしや、空に吹くまでなつかしや。

 先生が謡いを始められたとたん、空気が変わりました。今まで何となく弛緩していたムードが一気にぴんと引き締まったのです。何百年と磨き上げられてきた伝統の威力を目の当たりにした気がします。その後、先生の後について、謡う練習をしました。独特の抑揚があり、そう簡単なものではありません。喉から声を出すだけでは、先生のような 声は出しえないことを実感します。
さて次は、仕舞の実践です。物語の末尾、天人が天翔(あまがけ)り天に帰っていくシーンで、扇を羽のように使いながら舞います。

   東遊びの数々に、東遊びの数々に、その名も月の色人は、三五夜中の空にまた、満月真如の影となり、御願円満国土成就、七宝充満の宝を降らし、国土にこれを施し給ふ、さるほどに、時移って天の羽衣、浦風にたなびきたなびく、三保の松原浮島が雲の、愛鷹山や富士の高嶺、かすか になりて、天つ御空の霞に紛れて失せにけり。
20人ずつくらい、中啓(扇)を手に持ち登場、先生の振りを見よう見まねで、舞います。途中「七宝充満の宝を降らし」の ところで、中啓を招くように用いるのですが、先生が「ゴールデンボンバーのように」と仰ったので、学生たちも俄然調子に乗ってきました。終始笑顔で、初の仕舞体験を楽しませていただきました。

 最後には、先生が能面をつけて、今舞ったところの模範演技をお見せ下さいました。謡いながら舞うことの難しさを想像しながら、みんな喰い入るような目で見つめていました。
日本伝統芸能の奥深さを身をもって学ばせていただきました。

 
 

第2回 2013年6月20日

「シャンソン ミニ・コンサート」(Sublime先生)

歌手・フランス語講師として大活躍のSublime(スブリーム)先生がいらしてくださいました。先生は、NHKテレビ・フランス語講座のシャンソンコーナーにもご出演中ですので、ご存知の方もいらっしゃることでしょう。司会・通訳はもちろん、人間文化学科の誇る野田四郎先生がつとめました。
 プログラムは三部構成です。まずは、楽曲の説明を交えつつ、先生の見事な歌唱によって、1950年代末から1990年代にいたるシャンソンやフレンチ・ロックの楽曲の数々を堪能しました。紹介されたのは、Bambino(歌手:ダリダ)、Aline(歌手:クリストフ)、La maison près de la fontaine(歌手:ニーノ・フェレール)、Gaby(歌手:アラン・バシュン)、Mon mec à moi(歌手:パトリシア・カース)の5曲です。いずれも1回生たちは生まれる前のヒット曲。
第二部では、日本語とはまったく違うフランス語の音を、先生独自のメソッドで体感します。仕上げには、Savoir aimer (サヴォワール・エメ)という曲を皆で歌いました。「何の見返りも期待せず、何もあてにせず愛する」ことを歌う、深い内容の曲です。フランス語を選択している学生もそうでない学生もいますが、皆歌詞カード(振り仮名はありません)を見つつ、真剣に挑戦しました。
第三部は、先生のオリジナル曲のパフォーマンスとなりました。フランスから来日され、様々な経験をされてこられたスプリーム先生の人生が込められた歌に、学生たちも心を深く動かされたようです。終了後には、先生と写真をとるためにスマホを握りしめた学生たちが列をなしたのでした。フランス文化を代表するシャンソンの世界を垣間見たひとときとなりました。
 
 

第3回 2013年11月14日

「みんなで踊ろう!レッツ ベリーダンス!」(ロータス先生、Luly Dancersさん)

第3回の一斉授業は、ベリーダンスを体験しました。ベリーダンスとは、中東で生まれ、欧米などの影響も受けながら発展してきた舞踊で、「腹部(英語でベリー)を使うダンス」のことで「腹部、腰」の動きに特徴があります。現在は中東のみならず世界各地で親しまれ、近年日本でも女性の間で大ブームになっています。講師のロータス先生は、エジプト文化の日本への紹介にも精力的に尽力されているダンサーでいらっしゃいます。
まずは、40分近く、7曲も踊っていただきました。先生おひとりで、また、Luly Dancer
のお二人とともに、様々な曲を見せていただきました。
続いては、先生にベリーダンスについて教えていただく講義の時間です。もともとベリーダンスは家の中で踊られているもので、人が集まると「プチ盆踊り」のようになる!など、貴重なお話を伺いました。この未知の世界に学生たちは興味津々で、一日にどのくらい練習するのか、などの質問が活発に出されました。
その後は、プチ体験レッスンの時間です。皆で輪になって、簡単な動きを教えていただきます。「簡単な」といっても、日常とはまったく異なる体の動かし方。すぐにはうまくはできません。さらに、音楽に合わせて、実際に踊ってみますが、かなりの難しさです。実はこの日は、KBS京都さんのテレビ取材もいらっしゃっており、アナウンサーの方も学生も、楽しく体を動かしました。
 本学科には、アラビア語とアラブ文学を専門とする鷲見朗子がいますので、実は、学生たちにとっては、中東やアラブは遠い存在ではないのです。(「マルハバン」(アラビア語でこんにちはの意)が、かなりの割合で通じます)しかし、今回は机から離れて、体を動かし、文化を「体感」する貴重な90分となりました。これをきっかけに、アラブ文化、あるいはパフォーミングアーツへの興味をさらに深めていく学生も出現するのではないでしょうか。
 
 

第4回 2013年12月5日

「講談を体験しよう」(旭堂南海先生)

講談師の旭堂南海さんをお招きして、講談についての授業を行っていただきました。講談とは何か、その歴史と発展、講談の話術、など、ご自身の体験を交えつつ、笑いをとりまぜて語っていただきました。
続いて、3人の学生が高座にあがって、事前に用意してもらった自己紹介ネタを講談調に披露することに挑戦しました。持ち時間は一人当たり5分。南海さんの楽しいツッコミもあって、会場は大変盛り上がりました。最後に旭堂南海さんに一席披露していただきました。『秀吉と利休』という、秀吉と利休のエピソードを面白おかしく紹介する話です。
軽妙な語りの中に、「人に何かを伝える」ための話術、など実際に役立つ内容がふんだんに盛り込まれ、学生たちは、笑うところは笑いながらも、熱心に聞いていました。

 
 
 
 
  京都ノートルダム女子大学人間文化学科
〒606-0847 京都府京都市左京区下鴨南野々神町1番地
TEL 075-781-1173(代表)