京都ノートルダム女子大学人間文化学科

本学TOP人間文化学科TOP

人間文化学科

基礎演習(1年次)

発展演習(2年次)

専門演習(3年次)

卒業研究(4年次)

 
 

演習クラス

 
卒業研究(4年次)
 

平成19年度卒業生(2008年3月卒業)の卒論テーマは、以下の通りです。

題目

Emily Kame Kngwarreyeの作品における自己表現
  −Aboriginal Artの色彩と構図−
よしもとばなな作品における男女
飲食文化を通して視る文化交流 〜日本・中国・韓国を中心に〜
韓国の食文化
インターネット上における表現の自由と規制
日本の「いじめ」と韓国の「ワンタ」をめぐる比較文化
未知なる情報セキュリティの将来展望
日本におけるインターネットバンキングの現状と未来
「あをによし奈良」について
日本文学における三日月の表現について
コローの風景画 〜自然をモチーフ化した世界の表現〜
木曽義仲の実像に迫る 〜義仲は悪役だったのか〜
宮崎駿作品の色彩についての考察 −『千と千尋の神隠し』を中心に−
モーツァルトの音楽における創造的局面
 −『魔笛』に込められた音楽心理の特異性−
イスラーム以前の無明時代からイスラームへ
万葉集 巻二・一六一番歌について
ネットショッピングによる社会的影響
子どものインターネット利用における現状と課題
テオドール・ジェリコー 〜メデュース号の筏をめぐって〜
小学校児童に見る学校と家庭での生活パターンをめぐる国際比較 
−日本とカナダの児童へのアンケート調査による事例研究−
痩せ願望に対するマスメディアの影響
速読と遅読 〜現代人の読みをめぐって〜
「蓼喰う虫」主人公の三つの要素
日本文化の<内>と<外> −異界と異形の概念の形成についての考察−
日本における女性の就業と社会の変遷
インターネットヘの依存について
近年におけるスウェーデン女性の地位向上について
京都の新たな景観政策 −眺望景観を中心に−
和菓子と京の文化
インターネット依存症に関する研究
ウェブページのアクセスルート設置の重要性
コスメの自然性 −natureの美学的観念を通して−
映画から考える朝鮮半島の未来
日本の飲食用語における漢語の影響
伝統芸能から大衆芸能へ −漫才の変遷をめぐる通時的考察−
イザベラ・バードの見たニッポン
異類婚の日欧比較
小野篁の生きた世界
日本の新聞報道について 〜記者クラブを例に〜
大学生の勉学意欲について 〜男女の進学意識と就業意識の比較を中心に〜
戦後の日本社会と若者ファッションの変化との関係をめぐる一考察
 〜服飾を中心として〜
副詞「まさに」の意味分析 〜「本当に」「確かに」の比較を中心に〜
万葉集「朝貌」考
舞台の魅力 −ミュージカルを中心にして−
インターネットの影響によるテレビ放送の将来展望
沖縄と中国の盆文化比較
 
 
 
  京都ノートルダム女子大学人間文化学科
〒606-0847 京都府京都市左京区下鴨南野々神町1番地
TEL 075-781-1173(代表)