京都ノートルダム女子大学 大学院人間文化専攻

京都ノートルダム女子大学  | 本学TOP | 人間文化専攻TOP |
大学院人間文化専攻 Cross-Culutural Studies 大学院人間文化専攻 Cross-Culutural Studies
   
 

研究のページ

   
 

人間文化専攻 「文化の航跡」第5回研究会に関する報告

 

第五回「文化の航跡」研究会 2009年11月22日(日)  京都東山フィールドワーク (その2)

地下鉄東山駅で集合→並河靖之七宝記念館見学→疏水白川分流→無鄰菴前→ >順正書院→南禅寺前→南禅寺岡崎別荘群散策→扇ダム放水路→熊野若王子神社→ >光雲寺前→泉屋博古館前→岡崎神社→黒谷金戒光明寺墓地、散策終了後に懇親会

 

今回の大学院人間文化専攻の第五回「〈文化の航跡〉研究会」は、昨年の「京都東山の史蹟巡覧」フィールドワークの続編として実施された。参加者は、院生・学生一一五名、教員五名、図書館スタッフら職員五名の総勢二一名であった。今回のテーマは、「琵琶湖疏水と南禅寺別荘地」として近代京都の大事業であった琵琶湖疏水と南禅寺・岡崎地域の別荘地形成の過程を現地で実見してみることと、前回に引き続き文人の墓所を巡る掃苔行(黒谷金戒光明寺)であった。

なお、平成20年度第三回研究会・平成21年度第五回研究会で開催したこの「東山フィールドワーク」の概要は、『京都の町歩きー東山山麓フィールドワーク』と題して、平成22年3月に、ブックレットとして刊行した。そちらもご参照いただ けると幸いである。

 

 

TOP HOME