教育目標

 

京都ノートルダム女子大学学則 抜粋

 

第1章 目的及び自己点検・評価

 

(目 的)
第1条  本学は、教育基本法及び学校教育法の規定に基づき、深く専門の学芸を教授研究
するとともに、カトリック精神及び日本文化の優れた伝統を体し、教養高き女性を育成して我が国文化の推進に寄与することを目的とする。
     
2. 人間文化学部は、言語・歴史・文学・思想・芸術・倫理・宗教など、人々の生活形成の様式と内容の総体である「文化」という視点から、「人間」存在の意味やその営為のありさまを学際的に学び、文化の多様性を理解し、異文化に対する寛容な国際感覚を身につけ、幅広く社会に貢献できる人材を育成することを目的とする。
     
  (1) 「英語英文学科は、高度な言語運用能力を涵養し、異文化の中でも力を発揮できる柔軟で教養豊かな国際的人材を育成することを目的とする。
     
  (2) 「人間文化学科は、わが国固有の伝統文化を理解し、人類が長い歴史の中で生み出してきた文化の多様性を尊重しながら、さまざまな分野において、文化の創造・発展・継承に積極的に寄与することのできる幅広い知識と教養を身につけた人材を育成することを目的とする。
   
3. 心理学部は、心理学の基礎知識や技能を習得し、さらに現代社会の要請に応じた実践的問題解決能力を身につけた人材を育成することを目的とする。
   
4. 生活福祉文化学部は、現代人の暮らしを生活文化と生活福祉の両面から複合的に学び、幅広い知識と科学的な洞察力を備えることで、豊かで質の高い生活を営み、さらに質の高い社会を創造する支援者として活躍できる人材を育成することを目的とする。

 

 

京都ノートルダム女子大学大学院学則 抜粋

 

第1章 総 則

(目 的)
第1条  京都ノートルダム女子大学大学院(以下「本学大学院」という。)は、「徳と知」(Virtus et Scientia)で示されるカトリックの建学の精神に基づき、学部教育を基礎として、学術的な理論及び応用に関する教育研究を行う。
     
2. 人間文化研究科においては、人間文化に対する深い理解を研究の背景とし、国際化・情報化の時代に求められる広い視野と高度の専門性を要する職業などに必要な実践的能力の涵養を目指し、地域及び国際社会の発展に寄与することを目的とする。
3. 心理学研究科においては、科学的方法論に立脚した客観的学問としての心理学を学び、心の発達・教育及び心理臨床に関する広い視野をもった専門的知識や高度の専門性を要する職業などに必要な実践的技能を備えた人材を育成することを目的とする。

 

  • 建学の精神
  • 大学の沿革
  • 教育目標
  • 教育方針
  • 学年歴
  • 社会貢献
  • 大学機構図
  • WEB規定集(学内限定)
京都ノートルダム女子大学 〒606-0847 京都市左京区下鴨南野々神町1番地 TEL 075-706-3789 | プライバシーポリシー |