大学院心理学研究科

目指すキャリアに合わせて、履修科目をコーディネート

心理カウンセリングコース、社会・ビジネス心理コースの2コースの学びを軸として、学生それぞれがキャリアイメージに合わせた履修科目をコーディネートすることができます。 コース選択は2年次生からになり、1年次の間に学びながら、自分の進みたいコースを選択することができます。

講義型で知識を学び、体験型で実践力をつける

ビジネスに活かす心理学や対人援助の専門知識・技術は、大学の中だけでは学びきれないこともあります。「講義」+「実習・演習」+「フィールド研修・実践」の学びは、ノートルダムの心理学科ならではの組み立です。「フィールド研修・実践」では、地元自治体や企業と連携して調査を行う授業や医療・福祉機関への見学研修などがあり、キャリア形成に直結する経験をすることで、学びを広げ深めます。

心理専門職のプロを目指す一貫教育

心理カウンセリングコース、社会・ビジネス心理コースのいずれも「公認心理師」の国家試験受験資格を取得するための科目を準備しています。 また、大学院に進学し指定科目を履修すると「臨床心理士」の受験資格を取得できます。 国家資格に対応すべく、心理の専門領域を網羅する教員スタッフが指導体制を作っているのも本学科ならではの教育環境です。

学部での成績が極めて優秀と認められた学生には、博士前期課程への特別推薦制度があります。

※詳細は「公認心理師」関連ページをご覧下さい。