京都ノートルダム女子 大学院心理学研究科

心理学研究科からのメッセージ

私たちは、現代社会の急激な変化に伴い、さまざまな歪(ひず)みや不安・葛藤、対立などに直面しています。そこで、心理学研究科では、心理学の研究・実践を通して、ひとりひとりが大切にされる寛容で豊かな社会の実現に貢献できる人材を養成します。そのためには、大学院での学びを通して、学生ひとり一人が理解され、成長が実感できることが大切だと考えています。本研究科の、教員の専門性は基礎から実践まで多岐にわたり、学部心理学科から大学院まで連続した心理学の専門教育を展開しています。このような一貫したカリキュラムと教員の陣容は、基礎から応用までの幅広い心理学の専門性を備え人間のこころのメカニズムを実証的に解明する研究者の養成を可能にし、また、現代人の心の問題に寄り添い対人援助の実践的技能を備えた専門職業人の養成を可能にしています。日本初の心理職国家資格となる「公認心理師」については、本研究科では、対応カリキュラムを整備し、資格取得を全面的にバックアップしていきます。現代社会が抱える心の問題に向き合い、人への理解を深め、心理的に支援していこうとする、熱意と意欲のある方々の入学を期待しています。

心理学研究科長 河瀬 雅紀 教授

大学院心理学研究科