京都ノートルダム女子 大学院心理学研究科

心理学研究科からのメッセージ

心理学研究科は、博士前期課程の2専攻と博士後期課程の1専攻から構成され、心理学科とともに、学部から大学院まで連続して一貫した心理学の専門教育を展開しています。本研究科では、実証科学として重要な心理学基礎理論や研究方法から、最新の研究成果まで、幅広くかつ深く専門的に学び、自らの研究力を身につけます。さらに現代人のこころの問題に寄り添い、対人援助の実践的技能を備えた、心理学研究者および専門職業人の養成をめざします。
おりしも、心理学業界では国家資格「公認心理師」資格の創設が大きなトピックとなっています。本学は今後明確化していく「公認心理師」カリキュラムに対応し、資格取得を全面的にバックアップしていきます。現代社会が直面する心の問題を理解し、社会からの要請に応え、さまざまな人を理解し、心理的に支援していこうとする、熱意と意欲のある方々の入学を期待しています。

心理学研究科長 高井 直美 教授

大学院心理学研究科