大学院心理学研究科

国家資格「公認心理師」が登場します!

2015年9月に公認心理師法が成立し、心理職はじめての国家資格「公認心理師」が創設されることとなりました。長年にわたる心理学教育の伝統と実績を活かし、本学は「公認心理師」の資格取得に向けて全力でバックアップしていきます。

「公認心理師」とは?
保健医療、福祉、教育などの分野で、心理学の専門的知識と技術をもって、心理的支援の必要な方やその家族・関係者に対して、心理状態のアセスメントや心理相談・心理療法など支援を行うとともに、心の健康に関わる知識普及教育や情報提供の活動も行います。
「公認心理師」になるには?
国家試験を受験して合格しなければなりません。これから学ぶ人にとっては、次のいずれかが受験の条件です。
受験の条件表
ノートルダムの心理で取れますか?
本学の心理学教育は、基礎から応用まで網羅され体系的であり、公認心理師で想定されているカリキュラムに適っています。「公認心理師」養成のための学部・大学院カリキュラムは、今後、管轄省庁から発表される予定で、大学での教育開始は早くとも2018年度からとなります。本学科は、2017年度入学者や在校生・卒業生も含めて、受験資格取得ができるよう教育体制を誠実に整えていきます。