1. 京都ノートルダム女子大学トップ
  2. 大学案内
  3. 60周年記念事業の取り組み

60周年記念事業の取り組み

人をつなぎ、社会を紡ぐ。

創立60周年記念 事業テーマ

これからの共生社会の担い手となる、志高い女性の育成を目指して

ノートルダム女子大学は、先にノートルダム女学院中学高等学校を開いたシスターたち教育集団の
教育にかける熱い想いに動かされた保護者や地域社会からの要請により、創立されました。
それから、約60年。
世界の貧富や教育の格差がますます広がりを見せる一方で、多様性への受容や、価値意識の醸成が求められています。
今こそ、様々な障がいや生きづらさを抱えた人たちをも包摂する「共生社会」が必要とされているといえるでしょう。

本学は、建学の精神である「徳と知」の理念と、それを体現するためのミッションコミットメント
ー「尊ぶ」「対話する」「共感する」「行動する」ーにより、人と人とをつなぎ、多様性を認め合う社会を紡ぐ人材を育てていきます。
女性ならではのしなやかさと、本学で学び得た「考える力」と「行動力」、それに他者への共感によって、
これからの共生社会の担い手となる志高い女性の育成を、創立60周年を機に、改めて社会に誓います。

創立60周年、新しい「学び」がスタートします。

対話からはじまるND教育

創立60周年 ロゴマーク

「人と人のつながり」を、顔と顔が向き合い対話しているようなデザインで表現しました。

ステンドグラスをイメージしたカラフルな色づかいは、共生社会における「多様性」を表しています。
花が開き、女性の羽ばたきを思わせるようなこのデザインにはこれからの未来を担う女性への、夢と期待が込められています。