国際教育・留学

国際教育・留学

京都ノートルダム女子大学 国際交流の基本方針

京都ノートルダム女子大学は、文化の多様性を理解し、異文化に対する寛容な国際感覚を身につけ、幅広く社会に貢献できる人材を養成することを国際交流の基本理念とし、これを具現化するため、以下の取り組みを通して国際交流活動を積極的に推進しています。


  • 1.安定的・継続的な国際交流協定の締結
  • 2.教員交流の活性化
  • 3.学生の海外派遣留学及び海外研修の充実
  • 4.外国人留学生受入れの推進
  • 5.懸け橋になる学生の育成

京都から世界へ
京都ノートルダム女子大学の留学制度

Global Liberal Arts Course留学制度

Global Liberal Arts Courseの学生専用の留学制度。海外留学奨学金(1人あたり上限200万円)の給付制度があります。

英語英文学科Global Liberal Arts Course専用の留学制度で、2年次後期より半年間~1年間、英語圏にある協定大学の中から希望する大学に留学します。留学先では、英語集中課程または大学入学準備課程に入り、プレイスメントテストによるレベル別クラス編成で語学力に応じた授業を受講。留学中に履修した授業科目は、帰国後本学の単位として認定されます。この留学制度では、海外留学奨学金(1人あたり上限200万円)の給付制度があります。

卒業時のスタンダード英語力 TOEIC®800点以上目標

留学までにTOEIC®500点程度の基礎英語力を身につけ、留学から帰国後は留学中と同じように英語を使える環境でさらに英語力を高めます。

海外留学奨学金200万円で授業料や滞在費をカバー

1人あたり200万円を上限とする海外留学奨学金が給付される制度があるため、留学先大学への申込金・授業料・滞在費の一部をカバーできます。

セメスター認定留学制度

全学部全学科が利用できる留学制度。留学中、本学の単位や授業料の負担を軽減できます。

全学部全学科の学生が利用できる留学制度です。本学が協定を結ぶアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドにある協定大学から、希望する大学へセメスター(半期)単位で留学します。協定大学で履修した語学や専門科目の授業時間数は、帰国後に本学の単位として認定されます。さらに留学中は本学の授業料減免制度が適用されるほか、半期単位で最長1年まで語学や専門分野の学習を目的に留学できます。

留学を経験してTOEIC®310点アップした先輩もいます!

留学の成果を確認し、さらなるモチベーションアップを図るため、留学前と帰国後にTOEIC®もしくはTOEFL®を受験。右記のグラフは、過年度に本学から留学した学生の例で、半年間の留学で大きく英語力が伸びていることがわかります。

米国姉妹大学留学制度

アメリカにある姉妹大学の学部課程で、英語・英文学だけでなく、心理学や栄養学なども学べます。

姉妹大学として協定を結ぶアメリカ2大学への留学制度です。留学期間は約10ヶ月で、学生寮に滞在し、学部課程の授業を履修します。留学中の履修単位は、最大30単位まで本学の卒業単位として互換認定され、4年間で卒業が可能です。本学と留学先大学両方の奨学金制度が適用されます。

交換留学制度

アジアの言語を学び、国際感覚を培う。

教育交流協定を結ぶアジアの2大学との間で、留学生の派遣、受け入れを行っています。留学期間は、半年あるいは1年間で、韓国語またはベトナム語を学ぶ授業のほか、学部課程の授業を履修します。留学中の履修単位は、最大30単位まで本学の卒業単位として認定されます。

海外インターンシップ

海外でビジネス実務をしながら国際感覚とキャリア意識を身につけます。

春休みや夏休みを利用して、オーストラリアやニュージーランド、アメリカの企業などで、ビジネスの実務を体験できるプログラムです。現地の家庭でホームステイをしながら、3週間の英語による就業体験を実施。業種は、観光関連企業や福祉施設、学校などさまざま。各自の英語力に応じて、インターンシップ先となる企業、学校、団体が決まります。

海外研修

春休みや夏休みを利用して、興味ある専門分野を集中的に学べます。

春休みや夏休みを利用して、語学を集中的に学習したり、異文化を体験したりと目的に合わせて選べる海外研修です。アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアから行き先が選べる英語研修のほか、福祉先進国デンマークの施設を見学できるデンマーク社会福祉研修、イタリアの食や文化にふれるイタリア食文化研修、韓国語が集中的に学べる韓国語海外研修があります。