1. 京都ノートルダム女子大学トップ
  2. 学部学科・大学院
  3. 国際言語文化学部 国際日本文化学科 領域紹介

国際言語文化学部 国際日本文化学科

日本語日本文化領域

日本文学の研究を通して、日本語や歴史への理解を深めるとともに、言葉や各種メディアを用いたコミュニケーションの方法を研究します。

学びのポイント

●使える日本語力を身につける

スピーチ、プレゼンテーション、ビジネス文書など、具体的な場面で使える日本語力を実践して磨きます。

●京都で本物の日本文化を体感する

日本文化中心の地、京都で、現地に出かけて実物を確かめ、伝統文化の担い手に取材して、実感しながら文化を学びます。

創造性を発揮する卒業制作。

各学年で、学生が自ら企画運営できるゼミを設けています。4年次は、卒業論文に加え、冊子制作やインタビュー調査など、卒業制作を選ぶこともできます。

4年間学びのステップ

1年次 使える日本語力の基礎固め。
2年次 プロジェクト型授業で、企画・制作する創造性を発揮。
3年次 日本文化の理解を深め、発表や制作を通じて、表現力を高めます。
4年次 テーマを深め、表現力と創造性を生かした、卒論や制作をまとめます。

文学作品をただ読むだけでなく、時代背景や登場人物の内面にも目を向けて解読します。

受け継がれる伝統文化の背景を探ります。

ラジオ番組の制作を行うこともできます。

国際文化領域

ことば、文学、芸術、思想、文化遺産などをテーマに、日本と世界各国との国際交流の歴史と現状を考察し、多文化への理解を深めます。

学びのポイント

●使えるコミュニケーションスキルを身につける

国際社会で通用する、態度や振る舞いを備えた、話し方や交渉力、他者理解の仕方を身につけます。

●本物で異文化理解を深める

国際的な文化・芸術の都、京都で、文化財や美術品の実物にふれ、国際経験豊かな教員の案内で、異文化理解や交流の方法を学びます。

●グローバル社会での発信力を身につける

グローバル社会で発信する力を身につけるため、メディアに対する理解を深め、ホームページ制作など、発信する技術を学びます。

4年間学びのステップ

1年次 少人数のゼミで、他者理解の、基礎を学びます。
2年次 プロジェクト型授業で、コミュニケーションスキルを発揮。
3年次 異文化理解を深め、発表や制作を通じて、プレゼン力を高めます。
4年次 テーマを深め、他者理解と発信力を生かした、卒論や制作をまとめます。

ヨーロッパや中東など世界の文化について、生活 習慣や歴史的背景も含めて追究していきます。

歴史ある書物を通して異文化を 理解します。

ドキュメンタリー映画の上映会を開催することも。