1. 京都ノートルダム女子大学トップ
  2. 学部学科・大学院
  3. 人間文化研究科 応用英語専攻

人間文化研究科 応用英語専攻(修士課程)

専攻概要

ビジネス、英語教育などの分野で活躍できる高度な職業人をめざす。

応用英語専攻では、「英語圏文学・英語圏文化」、「英語教育」、「言語学(英語学)・コミュニケーション学」の領域から専門性を高める学術的な研究を進めながら、国際社会で通用する高い英語力の習得や高度な専門性の涵養を図ります。現場教員や教員志望者は、専修免許を取得し、教員としての専門性を高めるとともに、英語教育に関する研究能力の修得をめざすことができます。

取得可能免許

教諭免許(中学校専修 英語/高等学校専修 英語)
※中学校教諭専修免許状/高等学校教諭専修免許状については文部科学省に認可申請中です。

カリキュラム

応用英語専攻では、英語をワーキング言語として位置づけています。基礎科目における土台に、専門科目での知識の拡大やインターンシップでの実践が、修士論文につながります。院生と教員がひとつになって研究活動をおこない、高い英語力を活かした仕事をこなせる人材をめざします。

基礎科目

基礎科目は大きく分けて、グローバルコミュニケーションのための英語運用能力育成をめざす訓練コースと、英語圏の文学・文化、英語教育、言語学(英語学)・コミュニケーション学の専門分野への導入コースの2つがあります。これらの科目を修得することによって、ことば(英語)を専門とする高度な職業人の知的基礎を培うことができます。

  • 応用英語研究方法論
  • 英語プレゼンテーション
  • アカデミックリーディング&ライティング

専門科目

専門科目の目的は、さまざまな課題の研究と、その課題解決のための理論的裏づけや解決方法を求めることです。科目は多種多様な内容で、院生一人ひとりの知的ニーズに合わせて選択構成できます。

  • 英米文学批評理論
  • 映像芸術
  • 英米文学作品研究
  • 応用言語学
  • 言語研究デザインと統計
  • バイリンガリズム
  • 第二言語習得
  • 英語教育学特論Ⅰ(Language Pedagogy)
  • 英語教育学特論Ⅱ(Assessment and Testing)
  • 英語教育学特論Ⅲ(Classroom)
  • 早期英語教育
  • 英語教育学特論Ⅳ(Curriculum Design)
  • 言語と社会
  • 日英語比較分析
  • 言語コミュニケーション

演習科目・研究指導科目

院生はコースを修了するために修士論文の提出を求められます。その論文作成のプロセスにおいて「演習科目」が論文テーマの具体化を助けます。その後、個別指導を基本とする「インディペンデントスタディーズ」において個々の論文テーマを学問的に位置づけます。教員は、これらの作業を通して、論文内容の構成から具体的執筆にいたるまでを個別体制で指導を行います。

  • 専門演習
  • インターンシップ
  • インディペンデントスタディーズ

主な科目紹介

英米文学作品研究 テクストの精読と分析を行い、英米文学作品を批評します。また、先行研究を渉猟し、それぞれの作家の伝記や思想と時代背景や文化を学び、多角的な視点から文学作品を読む力を涵養します。
応用言語学 社会言語学で扱われる諸問題より始め、言語習得にまつわる問題、言語と脳の問題、外国語教授法などの諸分野を俯瞰し、英語教育実践を考える際に必要な専門知識の修得をめざします。
英語教育特論Ⅰ~Ⅳ 文献研究を通じて、言語教育学、評価、授業分析、カリキュラム設計を中心に、英語教育学の専門知識と理論の理解を深め、それぞれの方法論の応用を学ぶことによって、教育現場での実践力を養成します。
言語コミュニケーション 言語による発話意図伝達、特に聞き手による発話意味の推論の仕組みを理論的に理解し、同時に理論的モデルに基づいて実際の言語データを分析する手法の修得を目的とします。また、言語メッセージが持つ対人効果を検証する科学的手法についても学びます。

修士論文題目

  • A study of Robert Emmet in Irish History
  • Women's Position in the Women's Films
  • Dualism of Stephen's Hamlet on the Ninth Episode of Ulysses
  • Acquisition of English Prepositional Verbs : The Difficulty for Japanese EFL Learners
  • Interpersonal Communication Competence for Managing Conflict in Decision-Making
  • Enabling Access to Digital Resources for Self-Access Language Learning by Japanese University Students