1. 京都ノートルダム女子大学トップ
  2. 学部学科・大学院
  3. 人間文化研究科 生活福祉文化専攻

人間文化研究科 生活福祉文化専攻(修士課程)

専攻概要

人々の生活の質向上とウェルビーイングの実現をサポートする人材へ

生活福祉文化専攻では、生活学と福祉学を融合した、新しい生活福祉文化学の構築とそれによる研究の推進とともに、あらゆる人の生活創造に貢献しうる探究力や、その生活への支援のための福祉の実践力を修得します。本専攻には、生活科学や社会福祉などの多様な専門科目を配置しています。こうした研究によって培われた深い専門知識と豊かな洞察力、人権尊重の精神によって、人々の生活の質向上とウェルビーイングの実現を力強くサポートできる人材の育成をめざします。

●取得可能免許

教諭免許(中学校専修 家庭/高等学校専修 家庭・福祉)
※中学校教諭専修免許状/高等学校教諭専修免許状については文部科学省に認可申請中です。

カリキュラム

生活文化に関する領域では、生活と健康を取り巻く諸問題について文化的側面や福祉の視点を重視しながら追究します。生活福祉に関する領域では、人間の生活を支える家族、地域社会、社会システムのあり方を探究するとともに、個人、集団、地域を対象としたソーシャルワークの理論と実践について研究します。

専門科目

「生活」のあり方や、生活を追究する側面としての「福祉」や「健康」の問題を、歴史的、文化的背景と関連づけながら捉えるための基本的な考え方を学びます。それぞれの分野の専門的な研究のための科目です。

  • 研究方法論
  • 生活文化学特論
  • 健康生活科学特論
  • 食生活文化特論
  • 高齢者食生活特論
  • 食品学特論
  • 生活環境学特論
  • 生活デザイン論特論
  • 調理科学特論
  • 健康栄養学特論
  • 地域居住学特論
  • 衣生活学特論
  • 衣環境学特論
  • 家族関係学特
  • 子どもの発達心理学特論
  • 子どもの表現活動特論
  • 子どもの健康福祉学特論
  • 京都生活論特論
  • ウェルビーイング研究特論
  • ソーシャルワーク思想特論
  • 地域生活支援特論
  • 社会福祉運営管理特論
  • ソーシャルワーク特論
  • ソーシャルワークスーパービジョン特論
  • 保健福祉行政特論
  • ソーシャルワーク実習
  • 児童問題特論
  • ケアマネージメント特論
  • 社会調査法特論
  • 精神保健福祉特論
  • 老年健康学特論
  • 障がい者問題特論 など

演習科目

院生各自が教員の指導のもとで、主体的に研究する科目です。

〈プロジェクト課題研究〉

領域に関わらず設定した課題解決のためにプロジェクトを組んで研究をおこないます。

例)

  1. とろみ剤としての米粉の利用性
  2. 高校生と教師の着想規範意識の違いについての一考察
  3. 育児サークルが担う役割についての考察
    -A児童館の幼児と母親の集いに参加する母親および児童館職員への調査から-
  4. 現場実習における実習生(看護・福祉・教育)の戸惑いとその変容プロセス
  5. 「居場所」の研究
    終末期がん患者の居場所とは ~終末期がん患者が過ごす場である「家」と「病院」の意味~
    子育て中の母親の「居場所」とは
    精神障害者の「居場所」について
  6. 緩和ケアにおけるソーシャルワーカーの独自性とは何か
〈特別研究〉

修士論文を作成するため丁寧な個別指導が中心となります。

主な科目紹介

食生活文化特論 世界各地の食文化に関して風土や地理、社会や宗教的背景など多角的な視点からのアプローチにより理解を深めます。さらにそれらとの相対的比較の中で、日本人の伝統的な食文化である「和食」について、その特徴と果たしてきた役割を考察し、日本の食の未来像を探ります。
健康生活科学特論 ヒトが健康な生活を送るための、日常生活に根ざした健康学を解説します。ヒトの健康状態についての基本的な知識を理解し、食品の安全性などの観点や、ヒトが日常的に受ける外的要因を取り上げ、人体への影響を考察します。
生活デザイン論特論 生活デザインとは、衣食住の諸相や経営、その根底を支える生活思想や精神性、さらには家族や社会との関係性を含むその総体として人間生活を捉え、そのあり方を追究するものです。
ソーシャルワーク特論 ソーシャルワークの構成要素・実践過程、目標に関して考察します。さらにミクロ(直接援助)、メゾ、マクロ(間接援助)の各レベルにおけるソーシャルワーク実践の役割に関する特性を論じます。
精神保健福祉特論 精神の「障がい」は、病状に伴い変動しやすく、支援サービスの不足や周囲の誤解、偏見により、地域で生活することを困難にさせます。精神に「障がい」のある人たちやその家族への支援技術やその技術の基礎となる理論や価値、その技術について考えていきます。

修士論文題目

  • 米粉の粒度の違いによる食品への適合性
  • 女子大生の骨発達におよぼす各種因子の影響と関連性
  • 家庭でのうま味調味料の食経験が味覚におよぼす影響
  • ソーシャルワーカーによる知的障がい者への自己決定支援 ―自己決定支援の困難とその改善に向けて―
  • 子育て中の母親が保健師との支援において役に立ったと感じるプロセスについて ―子育て中の虐待危機における母親を中心に―