心理学部 心理学科 ※2017年度 募集停止

ビジネスへ、教育現場へ、カウンセラーへ、心理の学びを通して高い専門性を身につける。

「実感」で学ぶ心理学。実習・実験・演習が楽しい!

心理学の知識を幅広く学び、基礎を固めてから、実験や調査を通して、専門的な知識・スキルを高めます。現代社会の身近なテーマや課題を科学的・客観的に探究することで、さまざまなこころの問題にアプローチし、解決に導く力を育みます。

ポリシー

8つのポイント

01/ 少人数の担任制と、顔の見えるきめ細かい指導で学びが深まる。
1・2年次は担任が、3・4年次はゼミ担当教員がていねいに指導します。実験のレポートや授業の中での質問には複数の教員がコメントを書くなど、教員と学生の距離の近さが学問を深めるポイントになっています。
02/ 実践型授業で社会への扉をひらく。
心理学科で学んだことを体験を通して理解を深める「心理・教育フィールド研修」を実施しています。4つのタイプがあり、学校現場・医療機関・福祉施設の見学やマーケティング研修、親子向けプログラムの企画運営などに関わることで将来の職業イメージに結びつけることができます。
03/ 社会の現場で活きる資格取得がめざせる。
心理学を偏りなく、幅広く学べるカリキュラムにより、本学から輩出される認定心理士資格
取得者数は毎年全国トップレベルです。
04/ サポートチームCocoro.
学生生活・修学上での困難や悩みを抱えている人や2・3年次編入生には、心理学科教員が チームになって、いつでも相談を受けられる体制を整えています。
05/ 心理学基礎演習で、初めての心理学も安心。
心理学の学びに必要な基礎知識や専門用語に触れる入門授業があります。心理学をテーマにした教員作成のオリジナル教材で、「読む」「理解する」「まとめる」「発表する」ことを学び、次のステップへの準備します。
06/ 教員採用試験個別サポート
学んだ心理学を活かしたボランティア活動にも力を入れています。親子との交流プログラムや、児童館、小・中学校での遊びや学習支援など、地域と連携しながら学びの幅が広がります。
07/ 心理学を活かした地域貢献、ボランティア活動で実践力を養う。
生活デザイン、社会福祉の各領域で実践力を養える演習を展開しています。身近な生活現場で起きている課題を想定し、観察やインタビューを通して問題意識を高め、望ましいあり方を考えます。
08/ 大学院までの一貫教育で、プロフェッショナルへの夢を実現。
「心理学の道を究めたい」「臨床心理士になり現場で活躍したい」と希望する人には、大学院までを見通し、専門性を高めるカリキュラムを用意しています。大学4年間でその下地づくりを始められます。
取得可能な免許・資格
  • 認定心理士資格
  • 図書館司書資格
  • 社会調査士資格
  • 情報処理士資格
  • 児童心理司任用資格
  • 幼稚園・小学校教諭一種免許状
  • 学校図書館司書教諭 など
将来めざせる進路
  • 一般企業の企画開発・広報・人事職
  • 大学院進学後、臨床心理士
  • 心理職公務員
  • スクールカウンセラー
  • 児童指導員など対人援助職
  • 幼稚園・小学校教諭 など