1. 京都ノートルダム女子大学トップ
  2. 学部学科・大学院
  3. 現代人間学部 生活環境学科 コース紹介

現代人間学部 生活環境学科

『生活科学コース』

衣・食・住の理論を学び、実験・実習でスキルを身につけ、社会のニーズに応える暮らしの創造に貢献できる力を養います。

学びのポイント

●生活の質の向上を追究するスペシャリストをめざします。

家庭科教諭(中学校・高等学校)の免許状や二級建築士受験資格などの資格取得をめざすとともに、産官学連携で商品開発を行います。衣・食・住を 学んだうえで、快適な暮らしをクリエイトする発想力と実践力を身につけます。

4年間学びのステップ

1年次 コースは決めずに全分野の授業や実習を体験して興味を見極めます。
2年次 生活科学についての専門的な学びが始まります。
3年次 実践的な学びが始まるとともに、究めたい専門性に関連のあるゼミに所属し、自分の探究したい研究テーマを考えます。
4年次 4年間の学びの集大成として卒業研究をまとめます。

『生活経営・経済コース』

人生のライフプランニングを可能にする生活経営・経済を学び、人の暮らしをアドバイスできる力を身につけます。

学びのポイント

●ライフプランニングができる生活のアドバイザーをめざします。

衣・食・住、家族、生活福祉、精神保健福祉に加えて、ライフプランニングに必要な経営や経済の知識を学 びます。「自立した豊かな生活者としての生き方」を理解したうえで、さまざまな人の暮らしに対してアドバイスできる力を身につけます。

4年間学びのステップ

1年次 コースは決めずに全分野の授業や実習を体験して興味を見極めます。
2年次 生活経営・経済についての専門的な学びが始まります。
3年次 実践的な学びが始まるとともに、自分の探究したい研究テーマをみつけます。
4年次 4年間の学びの集大成として卒業研究をまとめます。

『精神保健福祉コース』

国家資格である精神保健福祉士に特化して学びを再構成。「女性」と「家族」を支援できる、より専門的な精神保健福祉士を養成します。

学びのポイント

●精神保健福祉士の受験資格取得と生活者支援のプロをめざします。

衣・食・住、家族、生活福祉を理解するとともに、精神保健福祉士の取得に向けて学び、特に「女性」 と「家族」を支援できるプロの福祉職をめざします。

4年間学びのステップ

1年次 コースは決めずに全分野の授業や実習を体験して興味を見極めます。
2年次 精神保健福祉についての専門的な学びが始まります。
3年次 現場実習を通して実践的に福祉を学びつつ、ゼミに所属し探究したい研究テーマを見つけます。
4年次 大学での学びや現場実習で得たことの集大成として卒業研究をまとめます。