女性教育を専門に培ってきた
独自ノウハウで効果的に学ぶ!

学び紹介
学部学科・共通教育

専門分野を究めたい人、幅広く学びたい人、
京都ノートルダム女子大学の学びで
さまざまな未来が広がります。

京都ノートルダム女子大学
4つの強み

こころを育む学びのフィールドと効果的な学びのシステムで
知性と品性を兼ね備えた自律・自立した女性の育成をめざします。

  • 品格を育む伝統

    品格を育む伝統

    創設者であるシスターの教えを受け継ぐ本学では「心を育てる教育」と「意思を伝える訓練」を通して、品性や行動を優れた資質へと育みます。

  • 知性を高める京都

    知性を高める京都

    京都は今と昔が共存する街として、寺社仏閣で壮大な歴史を感じることができる一方、舞台や美術などの文化にもふれることができます。

  • 自律心を養う教育

    自律心を養う教育

    「自分の意見をしっかりと伝え、人の意見にも耳を傾け、夢に向かってたゆまぬ努力を続ける自律・自立した女性の育成」をめざしています。

  • 実践力を育む活動

    実践力を育む活動

    京都府立医科大学附属病院での「小児医療ボランティア」や、産官学連携で進める「商品企画開発」など、実践力を育むチャンスを豊富に用意しています。

共通教育紹介

共通教育とは、どの学科の学生でも受けられる授業です。
しっかりとした基礎を身につけ、自らが気付き、自らが考え行動する女性に。

ノートルダム学

京都ノートルダム女子大学や
キリスト教について学ぶ

Point.1

京都ノートルダム女子大学やキリスト教について知る

学歌を通して京都ノートルダム女子大学の精神を学んだり、カトリック教会に行ってミサを体験したりします。

Point.2

キャリアデザインを考える

卒業までにどのような力を身につけて、どのようなキャリアデザインを自らが描いていくかについて考えます。

Point.3

日本の伝統文化を学ぶ

代表的な日本伝統文化である華道や茶道について、専門家をお迎えして学びます。

英語教育

英語が得意な人はもちろん、苦手でも大丈夫。さまざまな取り組みで英語学習をサポートしています。

Point.1

その人の英語力にあわせて授業

初心者から上級者まで、その人の英語力にあわせた授業なので、無理なく 英語力を高められます。

Point.2

ふだんから英語に触れてみよう

英語に触れたい、ネイティブの先生と話してみたい。授業以外でもいろんな機会があります。

Point.3

「English Salon」

English Salonは、イマージョンスペースでネイティブの先生と一緒に英語 で楽しむひとときです。

情報教育

コンピュータ利用に関するリテラシーを高める「情報リテラシー教育」と、プログラミングなどの体験を通して
情報科学のしくみを教養として身につける「情報科学教育」を実施しています。

Point.1

情報リテラシー教育「情報演習I」「情報演習II」

単に操作方法を学ぶだけではなく、大学での研究、論文の書き方なども取り入れた授業を実施しています。

Point.2

情報科学教育「情報科学入門」

情報科学について考えたり、専門知識を学んだりします。

キャリア教育

本学オリジナルの「キャリア形成カリキュラム」を通して、学ぶこと・働くことについて考え、
将来の生き方を自ら設計していく力を身につけます。

Point.1

「キャリア形成カリキュラム」

1年次から卒業まで段階的なキャリア形成科目を開講しています。

Point.2

「キャリア形成ゼミ」

学生が企業や地域とコラボ。プロジェクトを自分たちで企画、立案し、実現に向けて取り組みます。その過程で、課題を察知する力や情報収集力、 企画力、協働力、実践力など多くのスキルを培います。
ゼミ例)旅行プランナーゼミ、編集クラブ、町づくりプランナーゼミ、ブ ライダル業界ゼミ、STEM教材プランナーゼミ

Point.3

「キャリ庵」

「キャリア形成カリキュラム」の授業科目を履修することによって、どの 程度社会で必要とされる力を身につけることができたかを「キャリアアップポイント」として自分の目で確認できるツールです。大学生活における努力目標を詳細に設定、振り返りをしながら社会人の基礎を作り上げるために役立てます。

こどもと自然

こどもとそのご家族、学生とが自然体験や造形活動を通じて交流します。

Point.1

企画するスキルを身につけよう

この科目のプログラムに企画段階から関わることで、企画して実行するスキルを身につけます。

Point.2

感性・創造力を養おう

こどもにとって不思議なこと面白いことって何?あらたな遊びを考えながら感性や創造力を養います。

Point.3

発信するスキルを身につけよう

イベントを企画したら、地域の方々に参加を呼びかけます。どのようにすれば伝わるのかを考え実行し、発信するスキルを身につけます。