2018.06.27

大学では国語の教員免許を取得。その知識を広告制作に生かしています。

株式会社 第一紙行

阪口 茉柚子人間文化学科(2019年4月より国際日本文化学科) 2017年度

  • Q. どんな会社で働いていますか?

    広告制作会社で、企画やキャッチコピーを考える

    プランナーとして働いています。当社の取引先には京都の老舗も多く、

    コツコツと地元で信頼を積み重ねてきたという社風が

    自分に合っていると感じて入社しました。

  • Q. 大学ではどんな勉強をしましたか?

    国語科教員をめざして、教職課程の授業を受けていました。

    実は、高校時代に国語の先生にあこがれていて

    「あの先生のように母校の教壇に立ちたい」という目標があったのです。

    日本語の基礎はもちろん、人に分かりやすく伝える表現などを学びました。

  • Q. 教育実習はいかがでしたか?

    とても楽しかったです。時間がない中で教材を用意するのは

    体力的に大変でしたが、自分が教材研究したものを生徒に教える経験は

    すばらしいものでした。様子を見に来てくださった先生から

    「水を得た魚のように授業をしていたね」と言っていただいたのが印象的です。

  • Q. クラブ活動やアルバイトはしていましたか?

    学生執行会に所属していました。活動内容は、大学祭への出店、古本販売、

    献血活動、京都府警察・下鴨警察署での学生ボランティアなどさまざま。

    2年次には会長を任せていただき、

    さまざまな学年をまとめて物事を動かしていく貴重な経験ができました。

  • Q. ゼミではどんな研究をしましたか?

    『大和言葉』というテーマのもと、女性として「日常会話で使えたら素敵だな」

    と感じる言い回しを選び、あいうえお順でまとめました。

    先生が「本にしたらどうだろう」とアドバイスを下さり、

    私家版として仕上げることに。自分の本ができた時はとても感動しましたし、

    一生の宝物です。

卒業生ページ一覧へ戻る