【学生の皆さま】創立60周年記念メッセージ

12月8日は本学の創立記念日です。2021年度、本学は創立60周年を迎えました。

 

京都ノートルダム女子大学は、ノートルダム女学院中学高等学校に在籍していた生徒の保護者の強い要望により、設立されました。以来60年、「徳と知」の建学の精神と、それを具体的な行動指針としてあらわしたミッションコミットメント「尊ぶ 対話する 共感する 行動する」を学生の皆さんと教職員が大切に共有してきました。

 

それを受け60周年を記念に掲げた教育のテーマは、「共生社会を創造する女性の育成」です。世界に横たわる分断と格差の社会問題、さらにはすべての生命を脅かす地球環境問題の克服には、「共生」の思想がなくてはなりません。これからの社会の構成員に求められるのは、「多様性を尊重するとともに、思慮深く、かつ自ら率先して取り組む人」、まさに、本学の建学の精神やミッションコミットメントを体現する人にほかなりません。

 

創立60周年の節目に居合わせた皆さまは、本学のこのような創立の理念やこれから目指す方向を理解して、それぞれの大学生活を充実させ、今後のキャリアの礎(いしずえ)をつくっていってください。その際、自身の充実した人生への展望とともに、社会への貢献ということを、心に留め置いていただきたいと思います。「何か少しでも社会に役立つことを」という気持ちを持ってください。

 

女性活躍が叫ばれてもなお、その実現にはほど遠く、ジェンダー問題で足踏みする日本の社会を少しでも変えていくのは、これから社会に出て行く皆さんです。共生社会を目指し、「何か社会に役立つことを」という気持ちをもちながら自分の充実した人生を目指す皆さんによって、本当の意味での女性活躍が実現していくことを、京都ノートルダム女子大学は願い、応援しています。

 

学長 中村 久美