京都ノートルダム女子大学

生活環境学科

京都ノートルダム女子大学福祉生活デザイン学科

未来のくらしは 私が創る  現代人間学部 福祉生活デザイン学科 研究室紹介

真の豊かさや幸せとは

国連が毎年発表する「世界幸福度ランキング」は北欧諸国が上位を独占、日本は年々順位を下げ2020年は62位でした。
日々の生活はシンプルで心地よく、自分の生活やライフスタイルを大切にし、ワークライフバランスがとれ、
サスティナブルな社会にもつながっている、そんな北欧の暮らしに幸せのヒントがあるのかもしれません。
生活環境学科は、真の豊かさを考え、幸せの実現を追究する学科です。

News & Topics

生活環境学科へ名称変更

2021年4月より 生活環境学科へ名称変更します

人の暮らしをコーディートするための幅広い学びが特徴です。学問領域の構成は、衣・食・住・家族・生活経営・経済・生活福祉・精神保健福祉です。

1年次はすべての専門分野の基礎を講義、演習で幅広く学びます。2年次からはコースを決め、専門分野を深く学びます。

コースは、「生活科学(ライフ・サイエンスコース)」「生活経営・経済(ライフ・プランニング)コース」「精神保健福祉(ライフ・サポート)コース」です。

共同連携事業

共同連携事業

4つのポイント

  • Point01

    くらし、地域、社会を包括する幅広い学び

    ひとの暮らしを構成する衣、食、住、家族、生活経営・経済、生活福祉、精神保健福祉の分野から、幅広い知識を基盤とした高い専門性を身につけ、現代を切り拓く自由で柔軟な発想を可能とする人材を育てます。
    また、分野をクロスオーバーした学びや研究ができるので、複雑な現代社会の課題にアプローチし、解決する力が身につきます。
    例えば、
     ・「住み方」×「家族の形」から、シェアハウスの研究
     ・「家族関係」×「食生活」×「地域」から、子ども食堂やふれあい食堂のような食を通じたつながりをつくる研究

  • Point02

    1年次は各分野の基礎を幅広く学び
    2年次からコースで専門分野を深く学ぶ

    1年次

    専門教育への礎となるアカデミックスキルをしっかり身につけます。
    全分野の基礎を幅広く学び、自分の興味や適性を見定め、1月頃コースを選択します。

    2年次

    コースの専門科目を軸に専門分野の各論を学びます。コース分属後も学びの多様性は保証されます。

    3年次

    実践的に学びを深め専門性を深化させます。専門の研究室ゼミに所属し、研究テーマをみつけます。

    4年次

    大学での学びの集大成として卒業研究をまとめます。

  • Point03

    専門性を深化させる
    3つのコース

    生活科学コース

    生活を「科学」します。「衣・食・住」の理論と実験・実習で実践的に学び、幅広い視野の思考力と高い専門性で暮らしをクリエイトする力を養います。

    生活経営・経済コース

    生活を「家庭」と「社会」の関わりから学びます。多様化し複雑化する現代、自立した豊かな生活者としての生き方を考え、アドバイスできる力を養います。

    精神保健福祉コース

    「こころ」の時代に求められる精神保健福祉士に特化して学びを構成。「女性」と「家族」を支援できる専門性の高い精神保健福祉士を養成します。

  • Point04

    産官と連携した活動を
    通して主体的に学ぶ

    行政、業界、団体、NPO、地域と連携した実践的な活動を通して主体的に学びます。課題をみつける力、課題解決能力の開発、協働力、企画力など実践力の修得をめざします。京野菜の販売や、京野菜を使ったスイーツの提案、コスチュームのデザイン提案、モデルルームのインテリア提案、福祉事業所とコラボ企画したお菓子の開発、NPOと連携した地域活動などを行っています。

将来像

  • Pattern01

    /

    家庭科の教師になりたいです

    家庭科は生活に関わるすべての事柄を、社会・科学・人生などの視点から捉え直し、日々の生活に活かす奥深い科目です。中学校・高等学校の「家庭科」教員免許取得に挑戦しましょう。学科は衣食住と家族、福祉を幅広く学ぶことができ、家庭科教員養成に適した学修環境を提供しています。

    /

  • Pattern02

    /

    食品開発にかかわる仕事をしたいです

    多くの人に注目される食品を開発するには、人々の暮らしや生活を俯瞰する目と、食品開発に必要な専門的な知識の両方が求められます。食品学、栄養学、食品流通論などの講義に加え、食品加工学、食品官能評価演習、調理実習など演習・実習も充実しています。フードスペシャリストの資格に挑戦できます。

    /

  • Pattern03

    /

    建築・インテリア業界で空間デザインの仕事をしたいです

    建築はデザイン性だけでなく、機能性、安全性、心地よさも考慮しますので、暮らしを幅広くとらえる必要があります。空間イメージを他者に伝えるのに図面や模型を用います。建築・住居関連の講義で知識を深め、製図や設計演習でスキルを習得します。プロを視野にいれるなら、二級建築士、インテリアコーディネーターの資格に挑戦しましょう。

    /

  • Pattern04

    /

    アパレル業界をめざしています

    アパレル商品が消費者に届くまでには、企画・デザイン・開発・マーケティング・製品検査など多くの行程を経ます。アパレルデザインの講義や演習、衣服材料や衣服実験などの専門知識、ビジネスの基礎など幅広く身につけてください。
    ファッションビジネスのプロをめざすなら繊維製品品質管理士に挑戦しましょう。

    /

  • Pattern05

    /

    まちづくり、地域のつながりづくりに関心があります

    さまざまな人が暮らすまちや社会に関わるには、人の暮らしと地域への働きかけを学ぶことが必要です。生活科学や福祉の授業、福祉コミュニティの実践などの演習科目を履修していきましょう。NPOスタッフなどで活動する方法と、ソーシャルワーカーとして社会福祉協議会の職員として活動する方法などがあります。

    /

  • Pattern06

    /

    ひとり親家庭やさまざまな福祉課題に直面している人たちに対し、こころを大切に支援するソーシャルワーカーになりたいです。

    精神保健福祉士はこころの病気や精神的な課題を持つ人たちだけを支援するのではなく、保健・医療・福祉・司法・産業などさまざまな領域で働く人々全員を支援する職種です。本学は衣食住・家庭経営など生活支援の知識も有し、そして特に女性と家族を支えることのできる専門性の高い精神保健福祉士を育成します。

    /

  • Pattern07

    /

    高齢社会の日本で、長い人生を見据えてより豊かな生活の実現に対し生活アドバイスができる人になりたいです。

    暮らしの衣食住や福祉に加えて、近年はライフプランニングやマネープランも重要視されています。マネープランにはたとえば生命保険、住宅ローン、社会保障、投資信託や株式などお金の運用に関する知識が必要です。本学はひとりひとりの豊かな生活の実現のために家族経営・経済を学び、ファイナンシャルプランナーの資格取得を目指すことができます。

    /

取得可能な資格

  • 中学校教諭・
    高等学校教諭一種
    (家庭)
  • 精神保健福祉士
    (国家試験受験資格)
  • 二級建築士
    (国家試験受験資格)
  • フードスペシャリスト
    (受験資格)

サポートする資格

  • ファイナンシャルプランナー
  • インテリアコーディネーター
  • 繊維製品品質管理士
  • 色彩検定
  • メイクセラピー検定

卒業後の主な就職・進学先

㈱日本アクア、シード平和㈱、三神工業㈱、㈱ディーエイチシー、たねやグループ、ヒガシマル醬油㈱、㈱京都プラテック、㈱サプライ、トランスコスモス㈱、
TADコーポレーション、㈱玉屋、㈱マナベインテリアハーツ 、㈱良品計画、㈱ジョンマスターオーガニックグループ、㈱メガネトップ、㈱ACN、イズミヤ㈱、
㈱プラス・カーサ、㈱赤ちゃん本舗、滋賀トヨペット㈱、㈱関西みらい銀行、京都中央信用金庫、奈良中央信用金庫、
㈱エリッツホールディングス、㈱東海大阪レンタル、アンゴホテルズ㈱、㈱ゼンショーホールディングス、㈱物語コーポレーション、
㈱トライストーン・エンタテイメント、(学)青叡舎学院、(一社)星槎グループ、(学)立花学園、愛知県立高等学校、社会福祉法人青谷学園、
社会福祉法人緑寿会、愛生会山科病院、藤田学園、徳洲会、社会福祉法人緑生福祉会、そめたに歯科クリニック、SOMPOケア㈱、
社会福祉法人育福会、社会福祉法人福朗、真下胃腸科医院、名古屋市社会福祉協議会、陸上自衛隊