福祉生活デザイン学科 研究室紹介

Collaboration

ワークセンター「 Halle!」とのプロジェクト

平成31年4月26日 京都新聞の朝刊に「女子大 クッキー完成!」の見出しで掲載された活動です。
障害者就労支援事業所「ワークセンター Halle!」と学生がオリジナルクッキーを企画、製品化に成功しました。

地域福祉と活動ゼミ(酒井ゼミ)は、地域の多様な課題解決に向けて、どのようなことができるのか検討し、活動を展開しています。オリジナル商品をお菓子の製造販売を手掛けている障害者就労支援事業所「ワークセンター Halle!」とクッキーを企画し、商品化に成功しました。

クッキーのデザインは 大学の建学の精神(尊ぶ、対話する、共感する、行動する )を花言葉に換え、その花を型押ししています。
「尊ぶ(ムラサキツユクサ)」 「対話する(ベルフラワー)」 「共感する(サンダーソニア)」 「行動する(タイム)」です。
クッキーは、ムラサキイモ、ほうじ茶、抹茶、きなこの4種です、
学生それぞれがアイディアを出し合い、それを事業所の方に形にしていただき、さらによりよいものへと検討を重ねました。

開発に携わった学生からは、
「クッキーやパッケージのデザインを一から考え、つくる機会に恵まれて嬉しかった」、「図案を形にしていく、作り上げる大変さと楽しさがわかってよかった」、「自分たちの考案したクッキーを丁寧に焼き上げてくださって嬉しい」といった洋菓子店への感謝の気持ちや、「これからもモノづくりに関わっていきたい」などの感想が寄せられました。

クッキーは同センターが運営する洋菓子店「茶山sweets Halle」にて パッケージ入りは8個 1,350円で販売しています。(1個からも販売)