福祉生活デザイン学科 研究室紹介

Collaboration

「飛鳥井ワークセンター」とのパン販売

障がい者就労支援事業所 HOLYLAND が製造するパンを、学生が学内で定期的に販売しています。

就労支援事業所のHOLYLANDが製造するパンを、地域福祉と活動ゼミ(酒井ゼミ)の学生が、大学キャンパスで昼休み時間を利用し月1~2回、パン販売を手伝っています。販売する学生が、パンを販売することで障がい者の賃金アップにつながることや就労支援の意味について理解をするだけでなく、他学部他学科の学生にも、障がい者の就労や社会福祉への関心や理解が広がりました。

月1~2回、大学で昼休みに飛鳥井ワークセンターさんと地域福祉と活動ゼミ(酒井ゼミ)の学生がコラボしてパン販売を実施しています。販売しているパンは就労支援作業所のHOLYLANDが製造しています。パン販売の収益は障がいのある方の就労及び、生活支援事業として展開しています。この活動は障がい者の賃金アップにつながる社会貢献となっています。また学生にとっても、就労支援の意味を理解をすることができます。他学部他学科の学生や教職員へも社会福祉への関心や理解が広がりました。
パンはおいしく、種類も豊富で毎回行列ができ、大好評、大盛況です。