福祉生活デザイン学科 研究室紹介

Life Design

住環境
竹原研究室

住環境 / 雰囲気評価 / 人間工学

教員紹介
  • 竹原 広実たけはら ひろみ

    担当科目

    学部:住環境学、インテリア装備学、建築材料学、建築法規、住居製図Ⅰ、福祉生活デザイン概論、基礎演習Ⅰ~Ⅳ、福祉生活デザイン特論、 卒業研究、子どもと子どものための生活環境
    大学院: 生活環境学、研究方法論、プロジェクト課題研究、特別研究Ⅰ~Ⅳ

    研究分野

    住居学、建築環境工学(温度、湿度、光、気流、空気、音などみえない環境要素を計画をする)、建築人間工学、感性工学 (人の感覚、知覚、心理、行動、動作の特性を知り、それを建築や空間計画に生かす)

    研究のこだわり

    快適な住環境、空間をつくるための設計要因を探る研究をしています。特に人の感覚・心理量(快適性)と物理環境要因との関連を解明することに関心をもっています。


2年間のゼミの流れ

3年次、前期は建築や住居に関する知識や視野を広げることを目的として、建築やインテリアの資格勉強をします。後期は論理的思考法を学んだ後、研究テーマを絞り込み、決定、予備実験(あるいは予備調査)をします。4年次、本実験(本調査)を実施し、卒業論文のラフ原稿、清書論文を仕上げます。研究の過程で是非、身に着けてもらいたいことは、統計学を勉強すること、解釈のための正しい図表を作成すること、結果を論理的に思考し、解決策(提案)を導き出すことです。

  • このゼミを選んだ理由

    住居に興味があり、資格の勉強もしたかったからです。授業で建築や住宅はとても機能的に考えられていることを知り、もっと知りたくなりました。測定器などを使った実験をして研究をしてみたかったです。


  • 研究テーマ

    雰囲気評価実験研究 / 住宅居間の色彩実測調査 / 屋外環境調査と評価実験の研究(JR京都駅ビル大階段と下鴨神社)/ 高齢者の生活行動に関する実験研究 / 台所の動作に関する実験研究 /地域の住環境ニーズに関する研究
    概要
    雰囲気評価実験は、画像処理技術を用い、同一空間で壁、家具、色彩など条件(変化要因)を変化させた対象空間を作成します。それを被験者に評価させることで、どの変化要因が雰囲気に影響を及ぼしているか検討を行います。 屋外環境調査は、屋外の物理条件(気温、湿度、風速、音、照度、日射量、放射温度)などを測定するとともに、被験者がその地点でどう感じるか(暑い、寒い、じめじめする、など)の評価と照らし合わせ、心地よい環境となるための条件を探ります。


  • ゼミの特徴

    インテリアデザインラボの飾り付け、デザイナーズチェアの手入れも勉強の一環として行います。また聴竹居など近代建築の見学やインテリアデザインの実際や流行を学ぶ目的でイケア見学などを行います。


これまでの
主な卒業研究トピック

室内雰囲気
色彩
高齢者
身体活動量
地域住環境