本文へこのページの本文エリアへ。アクセスキー 「u」。

京都ノートルダム女子大学

多面的な国際交流の充実と高等教育の質向上に向けた国際連携プログラム開発

平成21年度「大学教育充実のための戦略的大学連携支援プログラム」に本学が京都府内の大学・短期大学部と連携して取り組む「多面的な国際交流の充実と高等教育の質向上に向けた国際連携プログラム開発」(代表校:龍谷大学)が採択されました。

取組名称

多面的な国際交流の充実と高等教育の質向上に向けた国際連携プログラム開発

代表校及び連携校、関係自治体等の名称

代表校名: 龍谷大学
連携校名: 京都教育大学、京都府立大学、京都外国語大学、京都学園大学、京都光華女子大学、京都精華大学、京都ノートルダム女子大学、明治国際医療大学、池坊短期大学、京都外国語短期大学、京都光華女子大学短期大学部、龍谷大学短期大学部
関係大学コンソーシアム: 財団法人 大学コンソーシアム京都
関係自治体等: 京都市

概要

本取組みでは、現行の個別大学間の交換留学協定制度を、複数大学対複数大学間における協定に拡大し、教員や職員の研修・交流等を含んだ広範囲な交流連携内容に充実することにより、京都地域の高等教育の国際競争力の向上や教育の質の保証と向上を目指しています。
具体的には、複数大学間の留学制度として、短期・中期・長期等の様々な留学プログラムの開発を行うと同時に多くの留学生を受け入れることにより、学生の異文化理解と国際的視野の醸成を促進します。また、教職員の研修・交流プログラムを開発すると同時に、教育に関する評価のあり方等を調査・研究することにより、教職員の職能開発に資するとともに意識改革を促し、日本の大学の国際的評価の向上を図ることにより、優秀な留学生の獲得を目指します。将来的には、国境を越えた単位互換制度の創設やダブル・ディグリー制度導入促進を目指し、教育の質やその提供する内容を国際的水準に合致させることを目指します。 また、本取組の推進にあたっては、本学、連携校等に所属する外国人教員や国際関係部署に所属する教職員により、および大学コンソーシアム京都等と協調・協同した委員会およびワーキンググループを組織し、取組を推進します。
国際連携プログラムを開発・推進することにより、規模や文化等の異なる大学間交流が促進され、1大学では困難な地域レベルでの国際化が期待できます。大学のグローバル化を通じて、教育の質と国際競争力の向上を図り、京都の大学に対する魅力を高め、優秀な留学生の獲得と、ひいては優秀な日本人学生の獲得・育成を目指します。

ページの先頭へ
トップページへ戻る
多面的な国際交流の充実と高等教育の質向上に向けた国際連携プログラム

活動報告
  平成23年度実施活動報告
      

          
                






文化芸術都市京都の文化遺産の保存・活性化を支える人材育成プログラムの開発・実施