京都ノートルダム女子大学

就業力を自己開発する実践キャリア教育 ライフプランニングから始まる段階的キャリア形成カリキュラム

3つの事業目標

キャリア就業支援体制

1. キャリア形成教育カリキュラム - キャリア形成科目の体系化と可視化-

本学既存のカリキュラムからキャリア形成に関連する科目を抽出、整理し、新設するキャリア科目と併せて「キャリア形成カリキュラム」を構築します。
本カリキュラムは、「キャリア形成基礎科目」「キャリア形成専門科目」「キャリア形成実践科目」「キャリア形成発展科目」と4つの発展段階からなります。本カリキュラムにそって学生が教育、実践の経験を積むことで、段階的、自覚的にキャリア形成の過程を踏んでいくことができます。

2. プロジェクト型実践授業

本学では専門教育の中で、企業現場で学生が様々な体験をする実学的科目をすでに提供しています。本取組では、これをさらに発展させたプロジェクト型実践授業を創設します。学生が能力や経験に応じ、職業現場や生活現場によって実践活動が行える多様なプロジェクトを企画し、遂行していきます。

3. キャリア自己評価システム

学生自らが自己キャリア形成をすすめるツールとして、「キャリア自己評価システム」を構築します。このシステムでは、学生の履修実績や成績、活動記録を集積していくことで、学生にとって自己のキャリア形成が可視化されます。それにより学生をさらなるキャリア形成に向かわせるものです。
このシステムは、既存のポートフォリオを全学的な「キャリア形成カリキュラム」に適合させ、再編して構築します。同時に社会と繋がる就業力強化の目的のため、Web ベースの「就職支援システム」を組み合わせて使うことにより、就職活動をより円滑に行えるようバックアップします。学生は定期的にこの「キャリア自己評価システム」を活用することにより、成果を自己評価し、キャリアセンター教員やキャリアアドバイザーの助言を受けながらキャリア形成プランを修正していきます。