カトリック教育センター

センターについて

本学の建学の精神であるキリスト教主義に基づいた様々な活動を企画し、学内外に提供しています。その活動は、聖堂で行われるミサ(前・後期8回)、音楽個人レッスン(ピアノ、声楽、フルート、ヴァイオリン)の運営、キャンパスミニストリー、春の講演会(年一回)の開催、キリスト教文化研究所協議会への参加、カトリック教育センター紀要「マラナタ」の発刊など多岐にわたっています。

お知らせ

センター所員紹介

久野 将健(センター長)、Sr.中里 郁子、矢島 雅子、Sr.仙頭 知江美(事務)

関連データ

これまでの催し(春の講演会)

  実施日 講師 タイトル
2024年度

5月18日(土)

宮津航一

こうのとりのゆりかごから始まる第2の人生
2023年度

5月20日(土)

木村佐千子

J.S.バッハのラテン語宗教音楽―《ミサ曲ロ短調》を中心に
2022年度 5月21日(土) 釘宮明美 【オンライン】神谷美恵子とフランクル―苦難の経験が開く地平
2021年度 5月28日(金) 宮下規久朗 【オンライン】最後の「晩餐」と「食」の美術
2019年度 5月17日(金) 金澤正剛 西洋音楽のルーツとしてのカトリック聖歌
2018年度 6月6日(水) 浜矩子 経済は何のため―すべての答えは福音の中に
2017年度 5月15日(月) 星野正道 小さな春の祈り―おはなしとピアノ演奏を通して
2016年度 5月20日(金) 宮本久雄 人間になる―ジャン・ヴァニエとラルシュ共同体
2015年度 6月1日(月) 星野正道 ホッとひと息入れすぎないで、素敵なあなたを磨きはじめよう
2014年度 5月28日(水) 晴佐久昌英 死は誕生
2013年度 5月24日(金) アルフォンス・デーケン 死にまさるいのち―希望への道―
2012年度 6月1日(金) 片柳弘史 痛むほどの愛―マザー・テレサの「心の闇」に学ぶ―

MARANATHA(マラナタ)

MARANATHA(マラナタ)とは?

1年に1回カトリック教育センターが発行している紀要です。マラナタとは、「主よ、来てください」という意味。

キリスト教文化研究所紀要『MARANATHA(マラナタ)』(1993-)

施設紹介

聖堂(チャペル)

学内の中心となる祈りの場所です。静かで明るい空間が祈りへと誘います。

場所:ユージニア館3階

キャンパスミニストリー室

キリスト教をさまざまな角度から学べる活動を多数行っています。拠点のキャンパスミニストリー室は、交流、情報交換の場となっています。

場所:キャロライン館1階
開館時間:火~金12:00-17:30

お問い合わせ

カトリック教育センター(ユージニア館3階)
TEL:075-706-3654 (内線:2240)
Mail : cece@ml.notredame.ac.jp

Scroll up