キャンパスライフキャンパスライフ

  1. 京都ノートルダム女子大学トップ
  2. キャンパスライフ
  3. 学費・奨学金制度援

学費・奨学金制度

学費(学生納入金)

学部生(学部学科共通)
入学金 授業料 教育充実費 施設設備費 卒業費 合計
1年次 280,000円 750,000円 150,000円 230,000円 1,410,000円
2・3年次 750,000円 150,000円 230,000円 1,130,000円
4年次 750,000円 150,000円 230,000円 33,000円 1,163,000円

※2年次以降については変更する場合があります。

入学金を除く納入金は、年額の2分の1ずつを前期(4月)及び後期(10月)の2期に分けて納入していただきます。(第1年次の前期分については、入学手続時に納入していただきます。)
上記以外に、諸会費として、保護者会費を毎年前期(第1年次のみ後期)に10,000円、学生会費を第1年次後期に8,000円、同窓会費を第4年次前期に30,000円、それぞれ各会より委託を受け、授業料等とともに代理徴収します。
上記以外に、在学中、授業科目により、実習費等を徴収する場合があります。

大学院

人間文化研究科(応用英語専攻/人間文化専攻/生活福祉文化専攻)
心理学研究科(発達・学校心理学専攻/臨床心理学専攻)

入学金 授業料 施設設備費 修了費 合計
1年次 200,000円 600,000円 100,000円 900,000円
2・3年次 600,000円 100,000円 18,000円 718,000円
  1. 2年を越えて在籍した場合の学費は、第2年次の学費(修了費を除く。)を適用します。ただし、修了要件に対する不足が修士論文の合格及び論文指導に係る科目の単位修得のみである者については、前期で修了となる場合の学費は4分の1の額、前・後期を要する場合には2分の1とします。
  2. 学内進学者、本学卒業者及び学校法人ノートルダム女学院が設置している学校(女子大学、高等学校、中学校、小学校)の在校生の2親等以内の保護者については、施設設備費は2分の1とし、入学金は徴収しません。
  3. その他、実習費等を徴収する場合があります。なお、学部の科目を履修する場合は、(3)に該当する学生は除き、科目履修料を要しません。
心理学研究科(心理学専攻)
入学金 授業料 施設設備費 修了費 合計
1年次 200,000円 600,000円 100,000円 900,000円
2年次 600,000円 100,000円 700,000円
3年次 600,000円 100,000円 18,000円 718,000円
  1. 3年を越えて在籍した場合の学費は、第3年次の学費(修了費を除く。)を適用します。ただし、修了要件に対する不足が博士論文の合格及び論文指導に係る科目の単位修得のみである者については、前期で修了となる場合の学費は施設設備費の4分の1の額、前・後期を要する場合には施設設備費の2分の1とします。
  2. 学内進学者、本学卒業者及び学校法人ノートルダム女学院が設置している学校(女子大学、高等学校、中学校、小学校)の在校生の2親等以内の保護者については、施設設備費は2分の1とし、入学金は徴収しません。
  3. その他、実習費等を徴収する場合があります。

奨学金制度

本学独自の奨学金制度
給付 京都ノートルダム女子大学 支給奨学金(新入生)

高等学校の学業成績が優秀で、家庭の経済的な理由により奨学金が特に必要と認められる学生に対し、年間授業料の半額以内を給付します。

対象者 新入生
採用人数 若干名
支給金額 年間授業料の半額以内
採用期間 1年
申込時期と方法 入学決定後4月上旬までに出願書類を学生課へ提出、学内選考委員会で選考
給付 京都ノートルダム女子大学 支給奨学金(上級生)

大学の学業成績が優秀で、家庭の経済的な理由により奨学金が特に必要と認められる学生に対し、年間授業料の半額以内を給付します。

対象者 2~4年次生
採用人数 若干名
支給金額 年間授業料の半額以内
採用期間 1年
申込時期と方法 7月に出願書類を学生課へ提出、学内選考委員会で選考
給付 京都ノートルダム女子大学 特待生奨学金

修学意欲の向上を奨励するため、前年度の学業成績・人物ともに優秀でほかの学生の模範であると認められ、所属学部長からの推薦があった学生を選考し、10万円の奨学金を給付します。

対象者 2~4年次生
採用人数 各学科各学年1名~2名
支給金額 10万円
採用期間 1年
申込時期と方法 学部から推薦された成績・人物ともに優秀者を学内選考委員会で選考
給付 京都ノートルダム女子大学 保護者会特別援助奨学金

修学の熱意があるにも関わらず家計の急変のため経済的に学業の継続が困難になった学生に、大学保護者会から資金を得て学費の一部として上限20万円を給付し援助します。

対象者 学年制限なし
採用人数 若干名
支給金額 上限20万円
申込時期と方法 家計の急変事由が発生した月から6ヶ月以内に出願書類を学生課へ提出、学内選考委員会で選考
給付 テレジアン課外活動 給付奨学金

大学公認の課外活動団体に所属し、熱意を持って課外活動を行い成果を挙げている学生で、経済的援助を必要としている学生に、学費の一部として上限20万円を給付します。

対象者 2年次生以上
採用人数 若干名
支給金額 上限20万円
採用期間 1回(在学中)
申込時期と方法 7月~9月に出願書類を学生課へ提出、学内選考委員会で選考
給付 マリアンスカラシップ

学業成績・人物ともに優秀な学生で、家庭の経済的な理由により、修学が困難となった4年次生に対して、同窓会の資金を給付して学業の継続を援助します。

対象者 4年次生
採用人数 若干名
支給金額 年間授業料の半額以内
採用期間 1年
申込時期と方法 7~9月に出願書類を学生課へ提出、学内選考委員会で選考
貸与(無利子) マザーテレサゲルハルディンガー 貸与奨学金(テレジアンスカラシップ)

家庭の経済事情悪化のため修学が困難になった修学の熱意がある学生に対し、年間学費の半額以内を貸与し、学業の継続を援助します。

対象者 学年制限なし
採用人数 若干名
支給金額 年間授業料の半額以内
採用期間 1年
申込時期と方法 7~9月に出願書類を学生課へ提出、学内選考委員会で選考
学外の奨学金
日本学生支援機構奨学金(2018年度)

家計・学力・人物・健康が選考基準になっており、原則として貸与の月から卒業の月まで、毎月一定額の奨学金が貸与されます。4月の説明会で願書を配付します。ただし、家計が急変した場合は、いつでも出願することができます。※貸与額を選択

学部生/種別 自宅通学 自宅外通学 1年次生 2年次生以上
第一種
(無利子)
※2万円・3万円・5万4千円 ※2万円・3万円・4万円・5万円・6万4千円 原則として、高校成績評価3.5以上 原則として、学業成績が学科の上位1/3以内
第二種
(有利子)
※3万円・5万円・8万円・10万円・12万円 出身高校における成績が平均水準以上 学業成績が平均水準以
大学院生/種別 修士・博士前期 博士後期
第一種
(無利子)
※5万円・8万8千円 ※8万円・12万2千円
第二種
(有利子)
※5万円・8万円・10万円・13万円・15万円

日本学生支援機構奨学金 http://www.jasso.go.jp/