学長メッセージ/歴史・沿革

学長メッセージ

ひとりひとりと向き合い、
対話することを大切に 新しい学びを提供します

本学のモットー「徳と知」は、豊かな人間性と物事を見極める知性の涵養を示します。
小規模女子大学としてのメリットを活かし、ひとりひとりの学生に向き合う丁寧な教育、学生支援と、女性の立場からキャリアを考えるライフキャリア教育に力を入れています。文化や言語、文学、生活、心理、教育といった各学科の専門性に加え、話す力やコミュニケーション力など、社会で求められる力を養います。
京都、北山にある落ち着いた雰囲気のキャンパスで、「私らしく、誇らしく」成長していく学生を、教職員全員が温かく見守ります。

2023年度 入学式 式辞

 皆さん、ご入学おめでとうございます。
 ご家族の皆様にも、心より御慶び申し上げます。

 今年度より、本学に3つ目の学部に相当します社会情報課程が開講し、新入生をお迎えしました。情報活用の重要性を背景に、社会の要請を受けて設置した新課程です。もともと情報教育においては、京都の大学の中でも先んじていた本学ですが、社会情報課程が本学の新たな顔に育っていくことを期待しています。

 さて、その情報ですが、今やデータ流通量は飛躍的に拡大し、情報コンテンツは豊かに溢れています。それらを受け取る私たちは、1日24時間の変わらぬ枠組の中で、いかに効率よく情報をゲットするかを突き付けられているといえます。それを反映するように、「タイパ」ということばが、昨年末「今年の新語2022」で大賞に選ばれました。

 費用対効果を表す「コスパ」に対し、時間当たりの生産性をいう「タイパ」は、映画やドラマの倍速視聴だけでなく、「10分で読める本」や「ファスト教養」なるタイトルの本も出版されるほど、読書にまで及んでいます。効率よく収集した情報の、その吟味や洞察の時間までもが節約されるとしたら残念なことです。あるいはこの情報時代に時間をもてあましてはならないという、ある種の強迫観念に基づく倍速視聴やファスト読書であったとしたら、滑稽とさえいえるでしょう。

 大学4年間は、卒業要件となる単位数を揃えるという縛りはあるものの、社会に出てから求められる効率性や生産性とは、少し距離をおいた生活が可能なはずです。例えばいくつものレポート課題をこなすために、クリックひとつで効率よく獲得した情報の、倫理にも反するような安直利用は、課題によって訓練されるはずの思考力、文章作成力の獲得という生産性にはなんらつながらない、大変残念なことといわねばなりません。大局的な志なくして、そのときそのときのタイパを優先し、効率よく学業をこなしていく限り、大学生活全体としての生産性、すなわち皆さんの成長は望めません。

 皆さんには、社会に出て行く直前の4年間という時間の意味や価値を、改めて大切に考えてほしいと思います。縁あって入学された本学がその拠点になります。建学の精神は「徳と知」。能力を高め知識を身につけるとともに、人間的にも豊かに成長することを目指します。さらに目標に向かって学ぶ上での日々の行動指針として、4つの動詞から成るミッション・コミットメントを大切にしています。「尊ぶ」「対話する」「共感する」「行動する」、この4つです。これらへの理解と自らの向上心が、4年間の生産性にとって、大きな原動力になることでしょう。

 そのうえで、先生や友人とじっくり対話する機会や、ふとしたことで手に取った本を夢中で読みふけるひととき、クラブや学生会の活動に仲間と没頭する時間など、効率性とはかけ離れた豊かな時間を大事にしてください。社会で求められる思考能力は、追い立てられることのない自分なりの時間の中で醸成されるものであり、その獲得や自分の成長を自覚するのも、自己を振り返る心の余裕においてでしょう。4年間の大学生活の中で、能力の獲得や人間的成長を、自分で実感する経験を数多く積み重ねてほしいと思います。

 キャンパスが抱える施設や設備、教職員や在学生など本学に集う人たち、さらには多様な支援制度やプログラムなど、本学が有するあらゆる資源を使って、皆さん自身が主役の成長ストーリーを、それぞれ作り上げていってください。小規模だけど、本学には皆さんに気づきを与え、励ます仕組みやチャンスはたくさんあります。小規模だから、教職員は皆さんの名前を覚えてじっくり相談にのります。4年後、皆さん一人一人が、将来の希望につながる成長ストーリーと、それで得た自信をもって、卒業式に臨まれることを、期待しています。

2023年4月3日
京都ノートルダム女子大学
学長 中村 久美

2023年度 前期卒業式 式辞

 皆さん、ご卒業おめでとうございます。
 ご家族の皆様にも、心より御慶び申し上げます。

 この夏は毎日のように日本各地の最高気温や猛暑日の連続日数が塗り替わり、変則的な台風や連日どこかで発生する線上降水帯による被害のニュースを聞かない日はありませんでした。世界を見渡しても各地で発生する山火事の規模や被害の甚大さは目をおおうばかり。気候変動の危機は誰の目にも深刻です。新型コロナウィルス感染も小康状態ですが、いつまた流行爆発が起こらないともかぎりません。それに加えて一進一退が続くウクライナ戦争。それに伴う核兵器への脅威と食料危機。


 考えてみると、皆さんは人類史上、大変な時期に、社会に出ていくことになります。しかも一員となって責務を担うことになるこの日本の社会は、ジェンダーギャップが主要先進諸国で最下位の社会です。「男女格差 直視のとき」と新聞の見出しは大きく掲げられますが、直視すべき政済界の対応が今のように鈍い状態では、皆さんが引退して年金生活者になるころでも、格差解消は難しいかもしれません。

 私も女子大出身ですが、1980年代初頭、私が大学学部卒業式のときの学長式辞の最後のひとことが、しばらく心の隅に引っかかっていました。当時の理系男性学長は「どうぞ皆さん、お幸せに」とやけにしんみり式辞を締めくくったのです。保護者席で聴いていた私の両親は、その温かいことばにいたく感動していましたが、私自身は「『お幸せに』とはどんな幸せを思ってのことなのかしら。」とふと思ったものでした。当時はまだ短大や女子大卒後の身分として「家事手伝い」という語が履歴書にもみかけられた時代。高齢男性の言う「若い女性の幸せ」ということばに、私はどこか懐疑的であったのだと思います。

 今なら当時の男性学長の気持ちがよくわかります。これから出ていく社会は、この4年間過ごした女子大のような、公平で温かく、希望に満ちた環境とは全く異なる社会だけど、それでも学んだことを活かして頑張ってほしい、その中でひとりの女性として何がしかの幸せをつかんでほしい、というくらいの意味合いだったのでしょう。

 皆さんは日本の社会が立ち遅れていることを十分知ったうえで、今その門出に立っています。「徳と知」の建学の精神のもと、授業や実習、留学や海外研修、それにクラブ活動やアルバイト経験によって、人間的成長と、それなりに生き抜く力や知恵を獲得されました。男女不平等社会に翻弄される無防備なお嬢さんではないはず。

 人類史上大変な時代にあって、ささやかでも何がしかの貢献を社会にしたいという意欲を持ちつつ、自分の幸せを自分でつかみに行ってほしいと思います。そのような皆さんを教職員一同、これからも応援しています。

 

2023年9月22日
京都ノートルダム女子大学
学長 中村 久美

歴史・沿革

1833

マザーテレジア・ゲルハルディンガーによって、ドイツのバイエルン王国にノートルダム教育修道女会創立
以降、ヨーロッパで、学校、幼稚園、障がい者の介護などの教育活動に携わる

1847 マザーテレジア・ゲルハルディンガーと4人のシスター、渡米
さまざまな困難とたたかいながら、貧しい移民の子どもたちの教育に携わる
1948

米国セントルイスから修道女会の4人のシスターが京都に派遣される

1952 ノートルダム女学院中学校設立
1953 ノートルダム女学院高等学校設立
1954 ノートルダム学院小学校設立
1961

ノートルダム女子大学設立
文学部英語英文学科開設

1963 文学部生活文化学科開設
1979 本学から海外への留学始まる
1999

大学名を「京都ノートルダム女子大学」と改称

2000 文学部を人間文化学部に名称変更
人間文化学科、生活福祉文化学科、生涯発達心理学科開設(生活文化学科を改組)
海外からの留学生受入始まる
2001 創立40周年記念事業開催(記念式典、国際シンポジウムなど)
2002 大学院人間文化研究科応用英語専攻(修士課程)開設
2003 大学院人間文化研究科 生涯発達臨床心理学専攻(修士課程)開設
心理臨床センター設置
2004 大学院人間文化研究科生活福祉文化専攻(修士課程)開設
2005 心理学部心理学科開設(生涯発達心理学科を改組)
大学院心理学研究科発達・学校心理学専攻(博士前期課程)、臨床心理学専攻(博士前期課程)開設(生涯発達臨床心理学専攻(修士課程)を改組)
心理学専攻(博士後期課程)を開設
大学院人間文化研究科人間文化専攻(修士課程)開設
2007 生活福祉文化学部生活福祉文化学科開設(生活福祉文化学科を改組)
2011

2011年 創立50周年

「北山キャンパス総合整備計画」の一環としてノートルダム館(京都工芸繊維大学構内)完成
キャロライン館(学生寮を含む教育複合施設)完成
創立50周年記念事業開催(記念式典・公開講座など)

2013 心理学部心理学科現代心理専攻開設(発達心理専攻より名称変更)
2015

全館リニューアル完成

創立50周年記念事業として進められてきた北山キャンパス総合整備計画により、全館リニューアル

2016 徳と知教育センター設置
2017 現代人間学部福祉生活デザイン学科、心理学科、こども教育学科開設 (生活福祉文化学部、心理学部を改組)
2019 国際言語文化学部英語英文学科、国際言語文化学部国際日本文化学科開設
(人間文化学部英語英文学科、人間文化学部人間文化学科より名称変更)
2021

創立60周年事業開催。
現代人間学部生活環境学科開設(福祉生活デザイン学科より名称変更)

2021年 創立60周年

マリアンモニュメント
同窓会からの寄付金をいただき、キャンパス南西角にマリアンモニュメントを設置

2023

社会情報課程開設

 

Scroll up