大学からのお知らせ大学からのお知らせ

  1. 京都ノートルダム女子大学トップ
  2. 大学からのお知らせ
  3. 【学生・保護者の皆様】緊急事態宣言に伴うオンライン授業期間の延長及び緊急支援金の支給について

【学生・保護者の皆様】緊急事態宣言に伴うオンライン授業期間の延長及び緊急支援金の支給について

2020年4月24日

 

学生の皆様

保護者(保証人)の皆様

京都ノートルダム女子大学

                学長 中村 久美

 

 

緊急事態宣言に伴うオンライン授業期間の延長及び緊急支援金の支給について

 

 

 新型コロナウイルス感染防止に鑑み、皆様の健康と安全を第一に考え、2020年度前期の授業を4月15日に繰り下げてオンライン授業で開始してまいりましたが、4月16日には全国を対象に5月6日までの緊急事態宣言が発令され、京都府からも施設の使用制限等の要請がありました。今後、政府の緊急事態宣言が延長される可能性もあります。

 これらを受けて、対面授業の開始について改めて検討した結果、本学では、5月6日以降も、緊急事態宣言が解除されるまでの間は対面授業を実施しないこととし、以下のとおり決定しましたのでお知らせいたします。

 

 

 

1.オンライン授業期間の延長について

 

(1)対面授業は5月6日(水)から開始予定でしたが、「緊急事態宣言発令期間が終了した日から7日を超えない範囲内を目途として学長が定める日」に変更します。

(2)緊急事態宣言が予定どおり5月6日(水)に終了した場合は、対面授業の開始を5月13日(水)とし、5月6日(水)から5月12日(火)まではオンライン授業期間を延長します。

(3)緊急事態宣言が5月6日(水)以降も延長された場合は、解除され次第(1)に基づき対面授業開始日について改めてお知らせします。

 

 

 

2.オンラインでの実施が困難な授業と補講期間の設定について

 

  授業の内容や形態により、オンライン形式での授業実施が困難なもの(一部の実習・実験授業等)は開講時期を変更し、8月~9月に補講期間を設定して学修の質と量が確保できるようにいたします。また、これに伴い前期の成績通知の時期を遅らせる可能性があります。

 

 

 

3.オンライン授業に係る緊急支援金の給付について

 

  以上の授業スケジュールの変更に伴い、オンライン授業の比重が当初より増える見込みですが、オンライン授業の受講にあたっては、各自でWi-Fi等インターネット環境の整備を行っていただいていることと思います。

本学ではそうしたオンライン授業を準備するための経費の一部や通信費等に対応いただくための緊急支援金として、全学生(※)に対して一人あたり一律30,000円を支給することを決定しました。(※2020年5月1日時点で在学中の学生(大学院生を含む)、休学者を除く。)

支給方法は、各自のご自宅住所へ普通為替証書(額面30,000円)を郵送する予定です。送金手続きに一定の時間を要しますが、皆様のお手元に5月下旬には届く予定ですので、オンライン授業の費用に充当してください。

 

  本来ならば、学生の皆様と教職員が直接顔を合わせ、様々な教育の場と支援の機会を提供できることが一番ですが、新型コロナウイルスの猛威と先行きが不透明であることを考慮したうえで、何よりも皆様が安全に安心して勉学に励んでいただけるよう今後も検討を重ね最善を尽くしますので、この度の決定にご理解をいただけますようお願い申し上げます。

  • twitter
  • instagram
  • line
  • yotube