クリスマスイルミネーション点灯式を挙行

11月30日(火)、本学ユージニア館前広場にてクリスマスイルミネーション点灯式が行われました。

式では中村久美学長、和田環理事長のあいさつ後、カウントダウンの合図でイルミネーションが点灯。集まった学生、教職員が聖歌を歌唱しました。イルミネーションの点灯により、 キャンパスが鮮やかにライトアップされ一気にクリスマスの雰囲気に包まれました。

 

 

また大学敷地西側(下鴨本通り沿い)には約50,000球のLEDでデコレーションされたイルミネーションが点灯。南西の角に新しく設置された京都ノートルダム女子大学創立60周年記念「マリアンモニュメント」も美しいライトで披露されました。カトリックの精神を建学の基礎とする本学ならではの白一色に輝くデコレーションで、北山の街を厳かな雰囲気に包みます。

 

 

 

そして、イルミネーションの点灯と同時に正門前の東西の通りには足元を照らすLED証明が設置されました。通学する学生には下校時、寮生には帰寮時の安全・安心を目的としており、石垣の景観を損なわないよう目地に合わせて設置されています。照明は、明暗センサーとタイマーで動作し日没とともに点灯、寮の門限時間に消灯します。

 

 

イルミネーションは2022年1月4日(火)までの約1か月間点灯される予定です。

 

【点灯期間】2021年11月30日(火)~2022年1月4日(火)
【点灯時間】17:00~22:00